【選手権予選:展望】実力校ひしめく“激戦区”埼玉の頂点に立つのは? 優勝候補の昌平に西武台、成徳深谷、武蔵越生、浦和南などが立ち向かう!

今夏のインターハイ埼玉予選決勝で激しいバトルを繰り広げた昌平(左)と成徳深谷(右)。選手権予選ではどの高校が頂点に立つのか、注目だ。写真:滝川敏之 プロ内定2人を擁する昌平は2年ぶり5度目の優勝を目ざす 第101回全国高校サッカー選手権・埼玉大会は10月9日、例年と同数の52校が参加する決勝トーナメントが開幕する。 今夏の全国高校総体(インターハイ)で4強入りし、優勝候補筆頭の昌平が2年ぶり5度目の頂点に立つのか、それとも多士済々の実力校が昌平を倒すのか。ここが一番の見どころとなる。 大会は1回戦から3回戦まで原則無観客で、準々決勝以降は有観客で開催する予定。11月13日の決勝は、15年ぶりにNACK5スタジアム大宮でキックオフされる。 昌平の攻撃の中枢は、FC東京への来季加入が内定した荒井悠汰(3年)で、篠田翼(3年)とともに縦への推進力に加えて決定力も高く、相手の脅威になるサイドMF

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
静岡学園のDF行徳瑛とMF髙橋隆大がJ1内定 J内定者一覧 【加入情報】

静岡学園MF髙橋隆大(写真=会田健司) 10月4日、静岡学園(静岡)のDF行徳瑛主将と名門の10番を背負うMF髙橋隆大がそれぞれ名古屋グランパス、ガンバ大阪へ、来シーズンから新加入することが各クラブから発表された。 行徳は空中戦に強く、静学仕込みのテクニックでボールを運べるサッカーセンス溢れるCB。高橋は小柄ながらドリブルの突破力を武器とする世代を代表するドリブラーだ。 4日時点の内定者は以下の通り。【高体連】▽昌平MF荒井悠汰(→FC東京)DF津久井佳祐(→鹿島アントラーズ)▽日体大柏FWオウイエ・ウイリアム(→柏レイソル)▽日大藤沢FW森重陽介(→清水エスパルス)▽静岡学園DF行徳瑛(→名古屋グランパス)MF髙橋隆大(→ガンバ大阪)▽履正社MF名願斗哉(→川崎フロンターレ)DF西坂斗和(→徳島ヴォルティス)▽東山MF阪田澪哉(→セレッソ大阪)▽日章学園MF金川羅彌(→テゲバジャーロ

静岡学園
高校サッカー
Jクラブユース
{by} koko-soccer
【2023年】高校年代サッカー・プロ内定者一覧 【加入情報】

※2022年10月4日時点【高体連】▽昌平MF荒井悠汰(→FC東京)DF津久井佳祐(→鹿島アントラーズ)▽日体大柏FWオウイエ・ウイリアム(→柏レイソル)▽日大藤沢FW森重陽介(→清水エスパルス)▽静岡学園DF行徳瑛(→名古屋グランパス)MF髙橋隆大(→ガンバ大阪)▽履正社MF名願斗哉(→川崎フロンターレ)DF西坂斗和(→徳島ヴォルティス)▽東山MF阪田澪哉(→セレッソ大阪)▽日章学園MF金川羅彌(→テゲバジャーロ宮崎)▽神村学園MF大迫塁(→セレッソ大阪)【Jクラブユース】▽浦和レッドダイヤモンズユースMF堀内陽太(→浦和レッドダイヤモンズ)▽大宮アルディージャU18MF阿部来誠(→大宮アルディージャ)▽鹿島アントラーズユースMF下田栄祐(→鹿島アントラーズ)▽柏レイソルU-18FW山本桜大(→柏レイソル)MFモハマドファルザン佐名(→柏レイソル)▽ジェフユナイテッド千葉U-18DF矢口

高校サッカー
{by} koko-soccer
評価急上昇!前期出場1試合の国士舘大DF山田裕翔が全日本大学選抜入り、本田圭佑の言葉に自身を重ねる

6月18日の前期リーグ戦最終節で初出場を果たした国士舘大DF山田裕翔(3年=正智深谷高)は、その後のアミノバイタルカップでもポジションを確保すると、関東王者として出場した総理大臣杯ではレギュラーCBとして23年ぶりの日本一へと導いた。 今夏のシンデレラストーリーはまだ続く。先日、韓国とカンボジア遠征を行った全日本大学選抜に追加招集。「候補に入ったとは聞いていたけど、呼ばれないだろうなと思っていたので、素直に嬉しかったです」。直前合流となった韓国大学選抜との定期戦へは出場はなかったが、この上ないチャンスを得た。 同選抜は韓国からカンボジア入り。U-23日本代表としてU-23カンボジア代表と親善試合を行った。山田は親善試合と別日に行った練習試合に出場。世代別代表としての出場のため、日本代表のユニフォームを着て戦うという経験もした。 カンボジア代表の実質監督を務める本田圭佑からは、後日行った練習

国士舘大
高校サッカー
本田圭佑
{by} web.gekisaka.jp
昌平高校サッカー部 J1加入内定2選手が会見/埼玉県

杉戸町の昌平高校のサッカー部員2人がJリーグに加入することが内定し、27日、合同記者会見が開かれました。 昌平高校からJリーガーが誕生するのは、7年連続です。 昌平高校サッカー部3年の荒井悠汰選手はFC東京に、同じく3年の津久井佳祐選手は鹿島アントラーズの加入が内定しました。 2人は、中学の頃から同じチームで6年間プレーし、切磋琢磨してきました。 サッカー部の藤島崇之監督は「厳しいプロの世界でも活躍できる2人だと思うので、注目してください」と期待を寄せました。 続いて荒井選手と津久井選手が、プロへの意気込みを語りました。 2人は、全国高校サッカー選手権大会への出場をかけた最後の県大会に挑んだ後、来年1月からJリーガーとして、それぞれのチームに合流する予定です。

高校サッカー
{by} www.teletama.jp
元日本代表・岡野雅行さんや芸人ら「野人塾」 小学生にサッカー指導

サッカー元日本代表の岡野雅行さん、サッカーが特技のお笑い芸人ディエゴ・加藤・マラドーナさんらによる「『野人塾』ジュニアサッカースクール」(朝日新聞社、県朝日会主催)が25日、秋田市のあきぎんスタジアムで開かれた。 県内各地から小学1~4年生61人が参加。岡野さんらコーチとのパス練習や駆けっこなどを通じて、サッカーの技術を学んだ。最後には岡野さんも参加してミニゲームを楽しんだ。大館市立有浦小1年の斉藤慶君(7)は「ボールの蹴り方を学ぶことができて、上手になれた」と話した。 ガイナる岡野さんーレ鳥取で代表取締役GMを務めは「どんなことにもチャレンジして、逃げずに頑張ることが大切」とアドバイスを送った。

小学生サッカー
{by} www.asahi.com
【日本代表】旗手怜央、4歳で自転車チェーンちぎる脚力 サッカースクールの恩師が明かす秘話

約半年ぶりに日本代表に復帰したMF旗手怜央(24=セルティック)にとってエクアドル戦は代表切符を懸けた勝負の場になる。インサイドハーフ、ウイング、サイドバックまでこなす万能選手。今月に入って欧州チャンピオンズリーグ(CL)では輝きを見せる。 小学生時代に通っていた「クーバー・コーチング・サッカースクール」の小林元洋コーチ(45)が、サッカーを始めた頃の逸話を明かした。 小林コーチは旗手がサッカーを始めたばかりの小学2、3年時に指導。実は、出会う前に“うわさ”を聞いていた。 小林コーチの妻が偶然にも、旗手が幼稚園年中の時の担任だった。「自転車をこぐスピードが速すぎて、チェーンが何度も切れちゃう子がいるの」。ペダルを踏んでこぎ出す力が強すぎて、チェーンの強度が持たず次々に切れてしまう。4歳の子とは思えぬ話だ。 「ああ、この子か」。旗手がサッカーをする姿を初めて見た時、小林コーチはそんな逸話もお

旗手怜央
{by} www.nikkansports.com
元Jリーガー中田一三が通信制高サッカー部で乗り出す夢の育成プロジェクト! 多彩な指導歴で目ざすは「仲間と一緒にやり切れる場」

保育園からJクラブまで、多彩な指導歴を持つ中田氏が、通信制高サッカー部の総監督として新たな挑戦に乗り出す。下は保育園から上はJクラブまでの指導を経験 Jリーグの京都でのトップチーム監督経験者が、全寮制の通信制高校サッカー部を率いて新しい挑戦に乗り出すことになった。 三重県中南勢地域に位置する代々木高で、新設されるサッカー部を総監督として指揮するのが中田一三氏。同県出身で四日市中央工高時代には小倉隆史、中西永輔、両氏(いずれも元日本代表)とともに三羽烏として脚光を浴び、1991年度の全国高校選手権では主将として同校を初優勝に導いた。そのままプロ入りすると、福岡、大分、仙台など6チームで13年間に渡りJリーグで活躍した。「通信制高校は、非常に時代のニーズに適した形だと思います。全寮制なので全員が早寝早起きの一定リズムで生活し、日中のフレッシュな時間帯にトレーニングが出来る。Jアカデミーや高校だ

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
なぜラグビー経験者は社会で活躍できるのか?サッカー教育にも必要なライフスキル向上

大阪府の興國高等学校サッカー部には、プロを目指す若き才能が数多く集まる。興國高校の体育教師にしてサッカー部監督を務めるのは、自身も強豪高校で活躍した内野智章氏(初芝橋本で全国選手権ベスト4)。2006年、監督に就任すると、同校を「関西のバルセロナ」と呼ばれるほどの強豪校に成長させた。また日本代表選手・古橋亨梧を始め、この10年間で30人以上のプロ選手を輩出(Jリーガーは27人)。サッカーの技術だけでなく、高校生が高校生らしく、本来持ち合わせているべき感覚を尊重する指導法が特徴だ。今回は、サッカーを通じて選手にライフスキルを身に付けさせる指導ポリシーについて、内野監督に聞いた。(取材・文・撮影/編集者・メディアプロデューサー上沼祐樹)●トップダウンからボトムアップへと 移りつつあるサッカーの指導法 社会に出て活躍して、それなりの地位に立っている人を見渡したときに、我々世代だとラグビー部出身者

サッカー教育
高校サッカー
{by} diamond.jp
部員300人束ねるカリスマ指導者の心構え 興國高校サッカー部 内野智章監督

練習を見守る興國高校サッカー部の内野智章監督=大阪市天王寺区(南雲都撮影) 興國高校サッカー部監督の内野智章さん(43)は、毎年のようにプロ選手を輩出する高校サッカー界のカリスマ指導者として知られている。目の前の勝利よりも将来の大成を考えた独自の理論と手法を確立し、ワールドカップ(W杯)日本代表入りが期待されるセルティック(スコットランド)の古橋亨梧(きょうご)選手も教え子の1人だ。だが、プロになれるのは、ほんのひと握り。「いくつになっても、部員たちにはサッカーを楽しんでほしい」と話す内野さんに、約300人の大所帯を束ねる心構えを聞いた。ボロカスに怒った選手ほど使う「こんなん送ってくるんですよ。ふざけてると思いません?」インタビュー取材の際に内野さんが見せてくれたスマートフォンには、1人の部員がおどけた様子で土下座する写真があった。部員と監督、コーチらで共有しているLINE(ライン)グル

興國高校サッカー
高校サッカー
内野智章
{by} www.sankei.com