メッシは次にどのクラブへ行く?…移籍最有力はマンC?Cロナウドとメッシの最強コンビを組むか?

日本時間の8月26日、アルゼンチン代表のスーパースターメッシはバルセロナ(ラ・リーガ)から退団する模様だ。彼が次にどのクラブへ行くのは注目が集まった。 スペインメディアの報道によると、メッシは3日前に先週にグアルディオラ監督に直接電話をかけており、自身の現状や抱えている疑問などを伝えた上で、マンチェスター・シティーと契約することになった場合の助言なども聞いたという。 ブックメーカーのオッズから見れば、マンチェスター・シティーが移籍最有力になった。2番目はユベントスで、メッシはロナウドとコンビを組むことで、ファンは本当に楽しみにしている。

メッシ
バルセロナ
マンチェスター・シティー
{by} jp.7msport.com
チェルシーは今夏最高額での大型補強は今週完了! カイ・ハフェルツの獲得間近

今夏にRBライプツィヒからドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを補強したチェルシーは、さらにレバークーゼンからドイツ代表MFカイ・ハフェルツ獲得の動きも見せている。 ガーディアン紙によると、チェルシーが最近カイ・ハフェルツ獲得を更に進めようとしている。チェルシーは4500万ポンド(約62億円)の移籍金に900万ポンド(約12億円)のボーナスを加える形でオファーを出したようだ。 契約はほぼ終了しているようで、チェルシーは今週中に契約を完了するつもりだ。 この夏、チェルシーは大型補強を行い、3800万ポンドでジイェフを獲得し、5400万ポンドでヴェルナーを獲得した。現在まだ今夏最高額でハフェルツを買うために全力を尽くしている。

チェルシー
カイ・ハフェルツ
{by} jp.7msport.com
DF内田篤人が現役引退…ラストマッチ解説が“運命的”人選「なんの因果だ」

岩政大樹氏とDF内田篤人は黄金期の鹿島でともに最終ラインを担った 元日本代表の岩政大樹氏が20日、自身の公式ツイッター(@_PITCHLEVEL)を更新し、今月23日のJ1第12節・鹿島アントラーズ対ガンバ大阪戦の解説を担当することを明かした。同日、鹿島はDF内田篤人の現役引退を発表し、G大阪戦がラストマッチに。2007〜09年の連覇を支えたレジェンドが「鹿島の弟」の花道を放送席で見届けることとなった。 スポーツ中継サービス『DAZN』の試合配信ページにはすでに「解説:岩政大樹」と記されており、引退発表前から起用は決定していた模様。実況の野村明弘氏、インタビュアーの浅野有香氏とともに放送を担当する。 岩政氏はツイッターで「23日は大変なことになった。”鹿島の3”を受け継いでくれた男が対戦相手としてカシマに戻ってくる。そして、”鹿島の弟”が引退だってよ。なんの因果だ。その試合の

内田篤人
鹿島アントラーズ
{by} web.gekisaka.jp
レアルの18歳MFヘイニエル、トルドムント移籍決定。成長を遂げることを期待

9日に両クラブより発表が行われている。レアル・マドリードに所属するMFヘイニエルは、ドルトムントにレンタルで加入することが決定した。 ヘイニエルは今年1月に3000万ユーロ(約37億7000万円)とされる移籍金でマドリーに加入。2026年6月までの契約を交わしている。マドリーのトップチームでの公式戦出場はまだなかったが、Bチームのカスティージャでは3試合に出場して2得点1アシストを記録。

レアル・マドリード
ヘイニエル
ドルトムント
{by} jp.7msport.com
スペイン紙:ユヴェントスFCがルイス・スアレスに興味…スアレスはC・ロナウドと協力?

ユヴェントスFCはバルセロナのFWルイス・スアレスに非常に興味があり、今夏に彼を獲得するつもりだ。 33歳のルイス・スアレスは今季の公式戦34試合に出場して19ゴールを決めており、バルセロナとの現行契約は2021年6月までとなっている。 そして、報道によると、妻の関係でルイス・スアレスはイタリアのパスポートを持っている。彼はトリノでの生活とC・ロナウドとの協力に興味を持つ模様だ。 ほかに、デイヴィッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミもルイス・スアレス獲得に興味を示しているという。

バルセロナ
ユヴェントスFC
ルイス・スアレス
{by} jp.7msport.com
マンチェスター・シティ、メッシ獲得に何としてでも資金を捻出する?

バルセロナのエース、リオネル・メッシに再び退団の噂が浮上している。英紙『ミラー』が報じた。 『ミラー』は、「マンチェスター・シティは今夏にメッシを獲得する準備ができた」と報道。メッシがバルセロナを去ることを決断した場合、マンチェスター・シティの監督はメッシと契約するためなら、何としてでも資金を捻出すると伝えられている。 違約金は6億3500万ポンド(約885億円)と天文学的数字となっているが、バルサの財政状況が芳しくないため、それ以下の金額で解決する可能性もあるようだ。バルサはバイエルンに8失点と大敗し(2-8)、2015年以来のチャンピオンズ優勝を再び逃している。 メッシは33歳で、バルセロナで731回出場し、634ゴールを記録した。

バルセロナ
リオネル・メッシ
マンチェスター・シティ
{by} jp.7msport.com
週給22万ポンドでウィリアンがアーセナルと合意したという。総額が3500万ポンドを超えた!

アーセナルはチェルシーに所属する31歳のブラジル代表ウィリアンと合意に至ったようだ。公式発表はないが、ウィリアンはアーセナルへ移籍したことが事実だ。 アーセナルが好条件でのオファーを提示した。アーセナルは週給22万ポンドでウィリアンを獲得をした。 アーセナルは3年契約を提示しており、米メディア「The Athletic」によると、同じ契約年数を提示したMLSのインテル・マイアミより給与は低いものの、クラブに経験を加えたいというミケル・アルテタ監督と元ブラジル代表MFでテクニカルダイレクターのエドゥ氏の誘いに応じたという。

アーセナル
チェルシー
ウィリアン
{by} jp.7msport.com
バルセロナがシティに所属するベルナルド・シウバの獲得に動く

マルチな才能を持つMFベルナルド・シルバは今季主役の座を失ったため、シティ退団の噂を煽っている。英紙『ザ・テレグラフ』は、彼が来季のバルセロナのスポットライトを浴びていると報じている。 バルセロナはB・シウバ獲得に挑戦、来季の主役を約束することで彼を納得させたいと考えているようだ。 25歳のB・シウバはシティで3年目のシーズンを終えた。契約は2025年まで結んでいる。シティが彼を放出するわけがないようだが、鍵となるのが同胞のネルソン・セメドが関わるオペレーションだと指摘している。シティは万能選手ネルソン・セメドに深い興味を持っている。 B・シウバは今季公式戦52試合に出場している。但し、フィル・フォーデンがB・シウバの後を継ぐ第一候補になっていることは、CLラウンド16第2戦でも明らかだ。B・シウバは今季プレミアで34戦に出場し、23回スタメンに入り、合計6得点7アシスト。CL

バルセロナ
ベルナルド・シルバ
{by} jp.7msport.com
ダビド・シルバのラツィオ加入は間もなくか…伊メディアが10日に契約と報じる

マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)からの退団に近づくダビド・シルバは、ラツィオ(セリエA)でキャリアを続けることになりそうだ。 ラツィオがダビド・シルバと間もなく契約するようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。 2010年から10年間にわたり、マンチェスター・シティの急成長を支えてきたシルバ。しかし、今夏に満了を迎える契約は更新されないまま、8月のチャンピオンズリーグ終了後にクラブから退団することが決定的とされている。 ワールドカップ制覇を知る34歳の元スペイン代表MFに対して

マンチェスター・シティ
{by} www.goal.com
125億円が必要…レヴァークーゼン幹部がハヴェルツについて言及「チェルシーが強い興味。だが…」

レヴァークーゼン(ブンデスリーガ)は、クラブが誇る逸材を狙う相手に対して強気の姿勢を維持。 レヴァークーゼンのディレクターを務めるルディ・フェラー氏が、去就が取りざたされている同クラブのドイツ代表MFカイ・ハヴェルツについて言及した。 6月に21歳となったハヴェルツは、2016年に下部組織からトップデビューしたレヴァークーゼンで、ここまで公式戦149試合に出場。既にドイツ代表デビューも果たしており、今季は公式戦44試合で17ゴール9アシストをマークするなど、評価をさらに高めた。 そのハヴェルツに関し

レヴァークーゼン
{by} web.gekisaka.jp