バイエルンがソンフンミン獲得を狙って巨額オファー準備も、1200万ユーロ以上の年俸を提出

ソンフンミンは世界サッカー最優秀選手の1人だ。現在、ブンデスリーガの名門バイエルンは彼を狙っており、彼を獲得するため巨額オファー準備をしている。 英メディア「フットボール・インサイダー」によると、バイエルンが年俸1200万ユーロ(週給20万ポンド)以上のオファーを用意し、ソンフンミンを獲得する準備をしていると指摘した。トッテナムはソンフンミンとの契約を2年残している。両方はまだ更新合意に達していないようだ。 今シーズン、ソンフンミンは非常に優れており、トッテナムで18ゴール16アシストを記録した。

バイエルン
ソンフンミン
{by} jp.7msport.com
マンチェスター・シティがハーランド+グリーリッシュを獲得?この11人はどれくらい強いか?!

『デイリー・メール』は、マンチェスター・シティがハーランドとグラリッシュを獲得したメインラインナップを想像し、攻撃力は強力すぎると言える。 GK:エデルソンDF:ウォーカー、ストーンズ、ディアス、カンセロMF:スターリング、ロドリ、デ・ブライネ、グリーリッシュFW:ハーランド

マンチェスター・シティ
ハーランド
グラリッシュ
{by} jp.7msport.com
イタリアメディア:ユベントスはロナウドを最低3000万ユーロで売るか?

イタリアのメディアによると、ユベントスは今夏にロナウドの放出を検討しており、3000万ユーロという低額のオファーも受け入れる用意があるようだ。 『コリエレ・デッロ・スポルト』は、ユベントスはロナウドを放出する場合には少なくとも3000万ユーロを要求すると主張している。クラブはロナウドとの契約を1年残しているが、契約を更新する予定はない。 最新のニュースでは、ロナウドがレアル・マドリードと交渉しているようだ。ユベントスの経営陣は、ロナウドが去るか留まるかは自分次第だと話した。

ユベントス
ロナウド
{by} jp.7msport.com
観点:ムバッペはリヴァプールに加入する可能性がある。原因はクロップ監督とチームのプレースタイル!

リオ・ファーディナンドは、ムバッペがクロップのためにリヴァプールへの移籍を検討するかもと考えた。 「それは可能だと思う。ムバッペのような人はきっとリヴァプールのプレースタイルと監督を検討するだろう。彼は監督の状況と彼らのラインナップの強さも考えると思う。」 「監督は私と相性が良いだろうか?クロップ監督はそうだと思う。」 メディアの報道によると、リヴァプールの指揮を執るクロップ監督はこの前ムバッペの父親と連絡を取り、二人の相談が順調に進んだ。

ムバッペ
リヴァプール
{by} jp.7msport.com
ユベントスがチェルシーの中盤名将の獲得を狙っている。今夏のプランBは彼だ!

ユベントスは今夏にチェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョを獲得する可能性がある。「Calciomercatio」が示している。 同メディアによると、ユベントスはUSサッスオーロ・カルチョに所属するマヌエル・ロカテッリを第一目標としたが、彼はクラブとの契約を2年残している。しかも、USサッスオーロ・カルチョも彼を売却したくない。なので、プランBとして、ユベントスはチェルシーのジョルジーニョをリストアップしているようだ。 ジョルジーニョはチェルシーと2023年まで契約を残しているけど、彼の代理人はセリエAに戻る可能性を排除していない。

ユベントス
ジョルジーニョ
{by} jp.7msport.com
浦和レッズ、ユース所属のGK川﨑淳とDF工藤孝太を2種登録

3月5日、浦和レッズは、浦和レッズユース所属のGK川﨑淳とDF工藤孝太を、公式戦に出場可能なユース(第2種)所属選手として登録したことを発表した。2選手のプロフィールは以下の通り。 【川﨑淳】■ポジションGK ■経歴水橋FC → 浦和レッドダイヤモンズユース■プロフィール生年月日:2003年7月5日出身地:富山県 ■身長/体重193cm/77kg 【工藤孝太】■ポジションDF ■経歴浦和レッドダイヤモンズジュニアユース→ 浦和レッドダイヤモンズユース■プロフィール生年月日:2003年8月13日出身地:和歌山県 ■身長/体重180cm/72kg

浦和レッズユース
川﨑淳
工藤孝太
{by} koko-soccer
マンチェスター・Uのレンタル大将がラツィオでベンチ外続く…21000万ポンドで買取は無理?!

マンチェスター・ユナイテッドのアンドレアス・ペレイラは買取オプション付きの1年間の期限付きでラツィオに移籍した。ラツィオが彼を買う可能性は低いだ。 ペレイラは昨年10月にラツィオにレンタルで移籍し、これまで21試合出場し、たった1ゴールと1アシストを記録した。ラツィオは彼のパフォーマンスに満足していない。 「ザ・スター」は、ラツィオがペレイラを買収することを選択する可能性が低いことを明らかにした(買取価格は2100万ポンドだ)。マンチェスター・ユナイテッドとペレイラの契約期間は2023年に満了を迎え、次に彼にどう対処するかが問題になる。

マンチェスター・ユナイテッド
アンドレアス・ペレイラ
{by} jp.7msport.com
リヴァプール名将、インテルにフリー移籍に合意?

リヴァプール所属するオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)が、インテル移籍に合意には至った。イタリアメディアが伝えている。 イタリア人ジャーナリスト、サンドロ・サバティーニ氏が「私の知る限りでは、インテルはすでにワイナルドゥムと“握手”をしている。昨年からすでにね。彼らはフリーで移籍することを決めた」と話したという。 30歳のワイナルドゥムはリヴァプールとの契約は今季限りとなっているが、まだリヴァプールと契約更新を行うつもりがない様子だ。

リヴァプール
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
{by} jp.7msport.com
バイエルンはレディングの左サイドバックを獲得!移籍金ゼロ&4年契約

レディングFCに所属する23歳の左サイドバックイングランド人オマー・リチャーズがバイエルン・ミュンヘンに加入する。 彼はバイエルンと4年間の契約を結び、今夏にレディングとの契約が終了するのでフリーで移籍することが可能だ。彼は既にイングランドでの健康診断を終えた。 2017年以来、リチャーズはレディングFCで92試合出場し、そのうち77試合でスタメンとして出場した。

オマー・リチャーズ
バイエルン
{by} jp.7msport.com
イギリス紙:セリエAのトップ3がマンチェスター・Uの名将を見つめている。マンチェスター・Uは彼をクラブに留めておくか?

セリエAのトップ3チームともマンチェスター・ユナイテッドに所属するMFフアン・マタ獲得が目標になる。ザ・サン(The Sun)が報じた。 同紙によると、ユヴェントスFCとインテル・ミラノ、ローマもすべてマタに興味を示している。32歳のスペイン代表のMFはマンチェスターユナイテッドとの現行契約は今夏に満了を迎える。 ユナイテッドはもう1シーズン彼をクラブに留めておくための選択肢があるが、今シーズンここまで、マタはすべての大会でスタメンとして8試合しか参加していない。彼は、より多くの機会を得るために別のチームを見つけることを望んでいるかもしれない。

セリエA
マンチェスター・ユナイテッド
{by} jp.7msport.com