悔しさに塗れた1年を経て来季は王者・川崎へ…変幻自在のドリブラーが感じた「フロンターレレベル」とは?
{by} soccerdigestweb

来季川崎加入内定の興國高MF永長鷹虎を直撃「ムキになってしまうと周りが見えなくなってしまうことが僕の課題」

 

 

 来季、川崎フロンターレ入りが内定している興國高3年のMF永長鷹虎。そのプレーぶりを見れば、本当に独特なセンスを持つプレーヤーだと感じるだろう。

 

 ドリブルのリズム、ファーストタッチの置き所、そして左足のキック。軽やかなステップから、一気にサブマリンのように潜り込むドリブルを見せたかと思えば、重心の低いボールコントロールから、一気に跳ねるように間をすり抜けていくドリブルも見せる。キックに目を向けると軸足を抜くのが非常に上手く、フォームも独特。精度は抜群で空間認識力も高く、受け手の位置を考えて送り込むボールの質を変化させている。

 

 ただ、もちろん課題もある。プリンスリーグ関西第16節・大阪産業大附との一戦。前半、彼のドリブルはノッキングを起こしていた。

 

「ムキになってしまうと周りが見えなくなってしまうことが僕の課題。味方が見えなくなってずるずる行ってしまった」

 

 ハーフタイムに内野智章監督から強烈な檄が飛んだ。「もっと周りを使え、使った上で自分の武器で勝負しろ」。この言葉に永長の目が覚めた。後半はパスとドリブルのタイミングが格段に向上し、サイドに張ってボールを受けてから縦に仕掛けてクロスを入れたり、インサイドに入り込んで、ワンタッチプレーで相手のDFを食いつかせてから裏を狙ったりと、プレーバリエーションは増した。

 

 だが、勝たなければプレミア参入決定戦に進めない重要な一戦で1-1のドロー決着。この瞬間、その道は断たれてしまった。

 

「後半から言われてやる時点でダメだと思います」

 

 こう唇を噛んだ彼は、インターハイ、選手権、そしてプレミア昇格の全てを逃したことを心から悔やんでいた。

 

「『ここぞ』と言うところで勝てないし、僕もあまり活躍できなかった。本当に悔しいと言う一言です。でも、まだ終わりじゃないし、ここからがスタートなので、残りの時間を大切に過ごしたいです」

 

 卒業後、彼は今季のJ1チャンピオンとなった川崎で、新たなサッカー人生をスタートさせる。

 

「フロンターレの選手は味方にパスをつけながら、ボールを見ずに周りを見る」

 

「フロンターレの練習に参加をしてみて、基礎や動き出しの面でレベルが高くて、僕は全然ついていけない状態でした。でも、日本トップレベルを知ることができたのは大きかったです。自分の課題も明確になったし、今の自分でも通用するところも感じたので、その両方を残りの時間で取り組んでいきたいと思います」

 

 これまでの練習参加は2回。ここで彼が目の当たりにしたのは自分の現状だった。

 

「僕はボールを見ていないときに周りを見ているつもりだったのですが、周りを見るための時間がかかり過ぎてしまっていて、フロンターレレベルだとその時間に自分のところにパスが来てしまったり、展開が変わっているんです。フロンターレの選手は味方にパスをつけながら、ボールを見ずに周りを見ることができている。ボールを扱うのにあまり目を使っていないんです。でも僕はボールを見ながらプレーをしてしまうので、周りと合わなかったり、テンポが遅い。味方の動きと違うことがたくさんあったので、もっと認知を伸ばしていかないといけないと思いました」

 

 課題発見力と修正力を持った浪速の変幻自在のドリブラー。これから日本一のクラブでどのような成長を遂げていくのか。

「自分が輝くためにはまず周りを輝かせないとダメだと思う。フロンターレはボールを持っていない時の動きが常にあって、その動きが連動をしているからこそ、ドリブラーが生きると思う。オフ・ザ・ボールのところの動きがたくさんあって、連動しているからこそ、オン・ザ・ボールの選手が輝く。そう言うところはもっと学んでいきたい」

 

 この言葉に期待を抱きたくなるのは筆者だけではないはずだ。

 

取材・文●安藤隆人

 

関連ニュース
自分を強くしてくれた背中、これからも追う背中…「かけっこは一番遅かった」“自称・運動音痴”宮本優太はいかにしてプロになれたのか

「保育園の時はかけっこをしても普通に一番遅かった。今でも跳び箱は出来ないし、卓球とかテニスをやってもいつも友達に負けます」。自称・運動音痴な男は、なぜJリーガーになることが出来たのか。「一番は家族がいてくれたから、支えがあったからこそプロになれたと思っています」。宮本優太は言葉を噛みしめた。 「チーム一走れるのも家族のおかげだと、今思うと思いますね」 3歳のころから始まったという習慣が、宮本優太の原点だ。雨の日も風の日も、時には外ではしゃぎ回って疲れ切って帰ってきた時でさえ、3歳上の兄と一緒に走りに出ることを欠かさなかった。「やるなら本気でやれ!」。2人のちびっこが走る後ろから自転車に乗った母親の千亜紀さんが叱咤を続ける。“昭和のスポ根アニメ”のような光景が、優太が育った世界では当たり前のように広がった。 そしてこの“厳しさ”は、優太の運動能力を向上、そして何より最大の武器とな...

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
小学生日本一の栄冠!! 技術光るオオタFCが躍動「2日間で成長」V候補撃破で勢いに乗った

オオタFC(岡山県/中国1)が初優勝 [1.23 JA全農杯・チビリンピック2021全国小学生選抜大会決勝 ジンガ三木SC0-4オオタFC 日産] オオタFC(岡山県/中国1)が大会初優勝を成し遂げた。個々の技術が光るパスワーク、素早い攻守の切り替えで主導権を握り、決勝は4ゴールと大暴れ。連動した守備も崩れることなく、3試合連続でクリーンシートを達成。攻守がかみ合ったオオタFCが、クラブ史上初の日本一にたどり着いた。 キャプテンの一撃で口火を切った。視野の広さとテクニックを生かし、攻撃をけん引した10番FW武谷快地(6年)は開始早々の3分、PA外から左足を振り抜き、強烈なミドルシュートでネットを揺らした。第2ピリオドでもFW福谷仁(6年)、FW柏雄太(6年)が加点すると、第3ピリオドの3分にはFW堤清史郎(6年)がGKとの1対1を制し、技ありのループシュートでとどめを刺した。...

JA全農杯・チビリンピック2021全国小学生選抜大会
{by} web.gekisaka.jp
高校サッカーがJユースを上回る可能性。青森山田の強さから探る

青森山田が3度目の優勝 ケチのつけようがない強さだった。第100回全国高校サッカー選手権大会は、優勝候補の筆頭だった青森山田高校(青森)が3年ぶり3度目の優勝を飾った。 決勝戦は、大津高校(熊本)を相手に4-0の完勝。卒業後にプロの世界へ進む主将のMF松木玖生(3年、FC東京に加入内定)とMF宇野禅斗(3年、町田ゼルビアに加入内定)が中盤を支配し、相手にシュートを1本も打たせない徹底した守備で波状攻撃を生み出した。 黒田剛監督は「何でもできるサッカーを志向してきた。パーフェクトなゲームをやってくれた」と教え子たちを褒め称えた。相手が守備で粘っても、コーナーキックやフリーキックといった攻撃のタイミングを合わせやすいセットプレーからゴールを奪った。初戦となった2回戦からの5試合で合計21得点、1試合平均4得点以上という驚異的な得点率でゴールを量産。圧倒的な強さを見せつけた優...

第100回全国高校サッカー選手権大会
{by} nikkan-spa.jp
中学3年でプレミアEAST出場、高校1年で不動のレギュラー 青森山田エース松木玖生はなぜ“飛び級”で大成したのか

北海道・室蘭市から「6年間、自分を鍛えたい」と青森山田の門を叩く 高校1年時からポテンシャルへの注目度が高かった松木玖生は、青森山田のキャプテンとして出場した第100回全国高校サッカー選手権で、5試合4得点をマーク。閃きと高度なテクニックを光らせて評判通りの活躍を見せた。卒業後にFC東京入りする逸材タレントは、いかにして大成していったのか、その過程を改めて振り返る。 松木は、出身地の北海道・室蘭市から「青森山田で6年間、自分を鍛えたい」と青森山田中学の門を叩いた。負けん気が強く、努力を惜しまなかった松木はすぐに頭角を現し、中学2年でトップチームのセカンドチームが参加するプリンスリーグ東北でプレーした。 中学3年でトップの選手とともに高円宮杯プレミアリーグEASTのピッチに立つなど、常に上のカテゴリーで、いわゆる“飛び級”で力を磨き、高校1年になるとチームの「ダブルエースナンバー...

青森山田
高校サッカー選手権
{by} Football ZONE web
高校サッカー選手権“出場組”「プロ入り期待タレント」ランキング 伸びしろ十分の10人を厳選

選手権に出場した3年生の中から、今後のプロ入り期待の10人を独自選出 「プロ入り期待タレント」10人をランキングで紹介【写真:Getty Images & 小林 靖 & Football ZONE web】 青森山田(青森)の3大会ぶり3回目の優勝で幕を閉じた高校サッカー選手権・第100回大会では、Jクラブ加入内定のタレントが多数出場。一方で、今後のプロ入りが期待される選手たちも名を連ねた。ここでは、選手権“出場組”の3年生の中から独自に選出した「プロ入り期待タレント」10人をランキング形式で紹介する。 【10位】徳若碧都(高川学園/GK/3年)大会成績:5試合9失点 今大会では187センチの高さを生かしたハイボール処理と、セービングの巧さが光った。シュートコースやバウンドの変化への対応力が高く、総合力の高い守護神としてさらなる飛躍が期待できる1人だろう...

高校サッカー選手権
{by} Football ZONE web
“青森山田一強”をどう崩す? 高校選手権準優勝・平岡和徳総監督の思惑とは?

選手権決勝で苦杯を喫した大津の平岡和徳総監督(写真:長田洋平/アフロスポーツ) 2021年高円宮杯プレミアリーグ・イースト王者・青森山田が前評判通りの強さを見せつけ、3大会ぶり3度目の優勝で閉幕した第100回高校サッカー選手権大会。10日に東京・国立競技場で行われた決勝で、絶対王者にシュート0本と抑え込まれたのが大津だ。 巻誠一郎、土肥洋一(山口GKコーチ)、植田直通(ニーム)という3人のワールドカップ(W杯)日本代表選手を輩出する熊本の名門を率いる平岡和徳総監督は、指導者生活初のファイナルで改めて厳しさを味わったという。 「4年連続決勝進出の青森山田とわれわれには『大舞台の経験値』で差がありました。4万5000人もの大観衆の中で戦える機会を一度、経験したことは大きい。ここからが本当のスタートです」 こう前向きに語る名将に、100回を数える選手権の現状と課題などを伺った。...

高校サッカー選手権
{by} https://headlines.yahoo.co.jp
青森山田が祝勝パレード、高校サッカー「3冠」

昨夏の全国高校総体と高円宮杯U-18(18歳以下)プレミアリーグ東地区、第100回全国高校サッカー選手権大会でそれぞれ優勝した青森山田の選手たちが17日、青森市の繁華街を祝勝パレードした。詰め掛けた市民は「3冠」の偉業を達成した選手たちに温かい拍手を送った。 降雪の中、午後1時から新町通りで行われたパレードには、黒田剛監督や松木玖生(くりゅう)主将ら約30人が参加し、優勝旗などを手に練り歩いた。沿道では市民らが「感動をありがとう」などと書かれた小旗を振って健闘をたたえた。同市の会社員、山中篤美さん(39)は「プロのような試合ばかりで感動しました」と笑顔を見せた。 この日は、3冠達成を記念し、同市が市長特別賞、県も県褒賞と県民栄誉特別賞を授与した。黒田監督は「来年も一戦必勝で臨む」と抱負を語った。...

全国高校サッカー選手権
青森山田
{by} www.iza.ne.jp
【編集部が選ぶ選手権の大会ベスト11】3年ぶり戴冠の青森山田から最多6人を選出!

3ボランチは青森山田のふたりに加え… 第100回全国高校サッカー選手権大会は、圧倒的な強さを見せた青森山田の3年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。本稿では、この記念すべき大会を沸かせた選手たちの中から編集部が厳選したベストイレブンを紹介する。 ―――◆―――◆――― GKは大津初の決勝進出に貢献した佐藤瑠星(3年)だ。準々決勝の前橋育英戦で好セーブを連発するなど決勝までの4試合でわずか1失点(3完封)。ファイナルでは青森山田に4ゴールを許したものの、191センチの長身を活かしたハイボールの対応は、判断力・安定感ともに抜群だった。 最終ラインは、SBに比べてCBで目立った選手が多かったのと、人材が豊富だった中盤の人数を増やすため、3バックを選択。とりわけ強烈なインパクトを残したのが、青森山田の丸山大和(3年)だ。空中戦では無類の強さを発揮し、セットプレーからすべてヘディン...

青森山田
{by} soccerdigestweb
国立で弾けた晴れやかな笑顔。青森山田MF松木玖生が最高の仲間と目にした日本一の景色

青森山田高MF松木玖生主将は大津高MF森田大智主将と笑顔のグータッチ(写真協力=『高校サッカー年鑑』) [1.10 選手権決勝 大津高 0-4 青森山田高 国立] どれだけ追い掛けても、その笑顔はこちらを向いてくれなかった。交代を命じられたベンチで、PKを外した先輩を抱きかかえたピッチで、涙を流すことしかできなかった。自分自身の運命を責め続けたことも、一度や二度ではない。 それでも、諦めなかった。厳しくも、温かく指導してくれたスタッフのため。12歳の自分を、快く北海道から青森の地へと送り出してくれた家族のため。何より、ずっと一緒に夢を追い掛け続けてきた仲間のため。「選手権で日本一に」。その一念で、晴れの日も、雨の日も、雪の日だって、自分とサッカーボールと向き合い続けてきた。 「『このチームでやれて良かったな』って。それが率直に思ったことで、沼田(晃季)がボールを蹴って、審...

青森山田
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
【第100回全国高校サッカー選手権】青森山田 黒田剛監督「最後に優勝という形で選手たちと抱き合うことができて本当に感無量」

1月10日、第100回全国高校サッカー選手権の決勝、大津(熊本)対青森山田(青森)の一戦が国立競技場で行われた。試合は前半の37分に青森山田が先制すると、その後もゴールを重ね4-0で大津を下し、3大会ぶり3度目の優勝を果たした。 青森山田の黒田剛監督は試合後、テレビのインタビューに応じ、3大会ぶりの王座奪還について聞かれると「このチームが、まさか3冠という形で最後を締め括れると思っていなかったが、彼らの日々の努力をずっと見ていたので、最後に優勝という形で選手たちと抱き合うことができて本当に感無量」とコメント。 テレビ解説を務めた元日本代表の城彰二氏は「昨年、一昨年と決勝まで来て優勝ができなかったが、それに対して今大会は圧倒的な強さで優勝を果たした」とコメント。そして城氏から優勝できた要因について質問されると、黒田監督は「昨年、一昨年の準優勝という結果を無駄にすることなく、反省点をす...

全国高校サッカー選手権
黒田剛監督
{by} koko-soccer