高校選抜選考合宿はユース審判育成の場に。高校生6人が練習試合をコントロール
{by} web.gekisaka.jp



全国から集ったユース審判員たちが、高校選抜候補の試合をレフェリングした。日本高校選抜候補とU-17日本高校選抜候補が、1月20日から23日まで静岡県内で選考合宿を行い、期間中にそれぞれ大学生と練習試合2試合を実施。この計4試合に加えて、日本高校選抜候補対U-17日本高校選抜候補戦を高校生のユース審判員による審判団がコントロールした。


この試みは昨年に続いて2年目。募集に対して全国から30名ものユース審判員が応募し、選ばれた小崎一心君(四日市工高3年)、渡邉彪斗君(伊豆総合高3年)、中川航君(住吉高2年)、林田萌芽君(修道高2年)、山田周君(駒澤大高1年)、木村尚暉君(徳島科学技術高1年)の6人が合宿を行い、同じ高校生である高校選抜候補の戦いで笛を吹き、旗を上げる機会を得た。

ピッチサイドや宿舎では、同じ志を持つユース審判員たちや指導員の先生方と経験や考え方を伝え合った。加えて、今回の合宿ではプロフェッショナルレフェリーの荒木友輔氏が講演。そして、合宿最終日に6人は、荒木氏がレフェリングする姿を間近で見て学んでいた。

合宿に帯同した福島崇教諭(正則高)は、「彼らが目標にしているトップレフェリーを間近で見て頂いて、また高校生の高いレベルの経験ができて、非常に有意義な活動ができたんじゃないかと思います」と頷く。

期間中、ユース審判員たちはレフェリングの技術、判断を磨くだけでなく、一高校生として「学校でできる学びをしっかりする」こと、人間性を高めることの大事さも学んだ。昨年、このユース審判員の合宿に参加した高校生が、各地域で活躍中。福島氏は「この経験を通じて将来、さらに活躍してもらって、地域のトップレフェリーとか、Jリーグとか、また国際舞台で活躍するようなレフェリーが高体連の活動を通して出せると良いかなと思って、今後も継続してやっていきたいと思っています」。高校選抜をレフェリングすることは、各地にいるユース審判員の一つの目標に。高体連サッカー専門部は今後も、高校生選手の育成だけでなく、ユース審判員育成にも取り組んでいく。

以下、参加したユース審判員6名のコメント(取材順)。
●小崎一心君(四日市工高3年)
「今回はこういった舞台に立たせて頂いて、また各地から集った審判員で選ばれた、ある意味(ユース審判員の)代表としての覚悟とかもありましたし、選手もそうですけれども、自分自身もこれに懸ける思いが強かったです。笛一つとっても大きな責任が伴ってくる中で良い準備をして、ピッチの中でやることは変わらないですけれども、このような責任が伴ってくることも楽しめるような環境でできたと思います。荒木さんに会わせて頂き、色々な話をさせて頂いて、色々な刺激を受けたんですけれども、やっぱり今後は世界で活躍できるような国際審判員だったり、プロフェッショナルレフェリー、またJリーグで活躍できるような審判員になれるように成長して行きたいと思っています」

●渡邉彪斗君(伊豆総合高3年)
「今大会はテレビの中で見ていた選手のゲームを担当するということもあって、緊張があったんですけれども、それを良いように捉えて、ドキドキ感とワクワク感を持って、試合をレフェリングすることができました。今後はJリーグを目指せるように、どんどんカテゴリーを踏んで行って、上に行って、今日一緒にやった選手とまた会える事を楽しみにレフェリングしていきたいと考えています」

●中川航君(住吉高2年)
「今回、全国から30人くらい応募があったと聞いており、その中で6人に選ばれてとても嬉しかったです。この試合はレベルが高くて僕もどんどんチャレンジして行こうかなと思って挑戦しました。できなかったことがあったけれど、できたこともあったので、これからどんどん伸ばして行って、これからの審判活動に活かしていきたい。将来は欲を言えば、Jリーグの審判員に当たりたいですし、地域で活躍できるような審判員になりたいと思っています」

●林田萌芽君(修道高2年)
「今回の感想としては、自分の県でやっているレベル以上の、この年代の日本トップレベルをやることで普段分からない難しさであったり、新しい課題とかというものがいっぱい見つけられてきて、その中で色々な指導を受けることができて、次の試合とか、今後に向けて凄く学ぶ、密な時間を過ごせたというのがあります。今後の目標としては、地元に帰って、今回学んだことをいっぱい還元して、そこでしっかり成長して、将来はJリーグとかで働いていけたらな、Jリーグのレフェリー目指して頑張って行けたらな、と思います」

●山田周君(駒澤大高1年)
「僕はウチの高校のトップと大学生のトップとかがよく練習試合をやったりするので、少し慣れている部分がありましたが、この高校選抜は高校生の中でトップレベルで、大学生にすごく近いようなレベルの人たちが集まっているので、最初は適応するのにちょっと手こずったところがあったんですけれども、2日目からは自分の中ではバッチリできたので、今回の収穫というか、良い部分だったなと思います。僕はまだ1年生なので、2年間の高校生活で何を得るかがこれからのレフェリーとしての人生にも大切なことだと思っているので、この2年間を無駄にせずに頑張っていきたいと思いますし、将来的には日本人でまだ誰もなったことのないワールドカップの決勝を吹きたいと思っています」

●木村尚暉君(徳島科学技術高1年)
「今回、この合宿に参加して普段僕がやっている試合では感じれない雰囲気とか、強度とか、スピードを自分の肌で感じることができて、また主審もすることができて、自分のやりたいことができた時もできていない時もあったので、そのできていないことを地元に帰ってできるようにしていきたいと思っています。将来はやっぱり1級を取って、Jリーグの審判員として少しでも活躍できたらなと思っています。僕がユースからずっとやっているので、10年後、20年後とかに地元のユースの子が僕みたいな審判員になりたいとか、そう言って憧れてくれる子が出てきてくれたら嬉しいと思います」

(取材・文 吉田太郎)

関連ニュース
「ここが決勝戦」。大一番へ向けて準備してきた東京都が“アウェー”で鹿児島県にPK戦勝利

[10.12 国体少年男子1回戦 東京都 1-1(PK4-2)鹿児島県 OSAKO YUYA stadium] 東京都が“決勝戦”と位置づけていた一戦を突破した。対戦した鹿児島県はともにU-16日本代表のMF福島和毅(神村学園高1年)やFW大石脩斗(鹿児島城西高1年)を擁し、地元国体のために準備してきた注目チーム。この日は、800人の観衆が地元チームを後押ししていた。 だが、石川創人監督(東京農大一高)が「僕らは『ここが決勝戦だ』と言ってチームを作ってきた」という東京都が、強敵を上回る。技術力の高い選手の多い鹿児島県に対し、MF仲山獅恩(東京Vユース、1年)とMF鈴木楓(FC東京U-18、1年)中心にコミュニケーションを取って準備してきた守備で対抗。相手にバックパスを選択させたり、奪い取る回数を増やしていく。 鹿児島県の巧さの前に迫力のあるショートカウンターへ持ち込む回数は少な...

国体少年男子
{by} web.gekisaka.jp
【2024年】高校年代サッカー・プロ内定者一覧 【加入情報】

※2023年10月12日時点 【高体連】▽帝京DF梅木怜(→FC今治)MF横山夢樹(→FC今治) ▽市立船橋FW郡司璃来(→清水エスパルス) ▽桐光学園MF齋藤俊輔(→水戸ホーリーホック) ▽興國MF國武勇斗(→奈良クラブ)MF宮原勇太(→グールニクザブジェ) ▽飯塚DF藤井葉大(→ファジアーノ岡山) ▽大津MF碇明日麻(→水戸ホーリーホック) ▽宮崎日大DF松下衣舞希(→横浜FC) ▽神村学園FW西丸道人(→ベガルタ仙台) ▽鹿児島城西MF芹生海翔(→藤枝MYFC) 【Jクラブユース】▽北海道コンサドーレ札幌U-18FW出間思努(→北海道コンサドーレ札幌) ▽モンテディオ山形ユースGK上林大誠(→モンテディオ山形)DF千葉虎士(→モンテディオ山形)▽浦和レッドダイヤモンズユースMF早川隼平(→浦和レッドダイヤモンズ)▽ジェフユナイテッド千葉U-18DF谷田壮志朗(→ジェフユナイテッド...

高校サッカー
{by} koko-soccer.com
「今の状況を打開していきたい」藤島監督が退任、新体制でリスタートを切った埼玉・昌平がプレミアリーグEASTに臨んだ

10番・長のゴールを称えるチームメイトたち。昌平は尚志を相手に逆転負けを喫した。写真:河野正 村松コーチが監督代行として指揮 埼玉・昌平高校サッカー部を全国屈指の強豪へ育て上げた藤島崇之監督が10月3日付で退任し、新体制に移行して最初の公式戦、高円宮杯JFA U-18プレミアリーグEASTが7日に行なわれ、昌平は尚志(福島)に1-2で逆転負けし、3連敗を喫した。村松明人コーチが監督代行として指揮を執った。 今季プレミアリーグに昇格したチーム同士の対戦。4-2-3-1の昌平は前半6分あたりからペースを握り出し、ボランチの土谷飛雅とトップ下の長準喜(ともに3年)を経由してリズミカルな攻撃を展開。13分、MF大谷湊斗(2年)が右から鋭く切れ込んでからの最終パスが尚志DFに当たり、そのこぼれ球を長が蹴り込んで先制した。 前節まで6試合連続無失点の尚志の堅陣をこじ開けたことで、昌平...

埼玉・昌平高校サッカー
高校サッカー
{by} soccerdigestweb
選手権代表決定日一覧 【第102回全国高校サッカー選手権予選】

■代表決定日一覧 ▽北海道・東北北海道予選:11月12日青森県予選:11月5日岩手県予選:11月5日宮城県予選:11月5日秋田県予選:10月21日山形県予選:10月21日福島県予選:11月5日 ▽関東茨城県予選:11月12日栃木県予選:11月11日群馬県予選:11月12日埼玉県予選:11月14日千葉県予選:11月11日東京都A予選:11月11日東京都B予選:11月11日神奈川県予選:11月12日山梨県予選:11月11日 ▽北信越・東海長野県予選:11月11日新潟県予選:11月12日富山県予選:11月11日石川県予選:11月5日福井県予選:11月5日静岡県予選:11月11日愛知県予選:11月11日岐阜県予選:11月11日三重県予選:11月11日 ▽関西滋賀県予選:11月11日京都府予選:11月12日大阪府予選:11月11日兵庫県予選:11月12日奈良県予選:11月12日和歌山県...

第102回全国高校サッカー選手権予選
{by} koko-soccer
【2024年】高校年代サッカー・プロ内定者一覧 【加入情報】

※2023年10月5日時点 【高体連】▽帝京DF梅木怜(→FC今治)MF横山夢樹(→FC今治) ▽興國MF國武勇斗(→奈良クラブ)MF宮原勇太(→グールニクザブジェ) ▽飯塚DF藤井葉大(→ファジアーノ岡山) ▽大津MF碇明日麻(→水戸ホーリーホック) ▽宮崎日大DF松下衣舞希(→横浜FC) ▽神村学園FW西丸道人(→ベガルタ仙台) ▽鹿児島城西MF芹生海翔(→藤枝MYFC) 【Jクラブユース】▽北海道コンサドーレ札幌U-18FW出間思努(→北海道コンサドーレ札幌) ▽モンテディオ山形ユースGK上林大誠(→モンテディオ山形)DF千葉虎士(→モンテディオ山形)▽浦和レッドダイヤモンズユースMF早川隼平(→浦和レッドダイヤモンズ)▽ジェフユナイテッド千葉U-18DF谷田壮志朗(→ジェフユナイテッド千葉)▽FC東京U-18MF佐藤龍之介(→FC東京)GK小林将天(→FC東京)▽東京ヴェルディ...

高校サッカー
{by} koko-soccer
7年連続でJリーガー輩出中。選手育成も注目の強豪、昌平高・藤島崇之監督が退任へ

高校サッカーの強豪、昌平高(埼玉)の藤島崇之監督が退任することが分かった。習志野高(千葉)、順天堂大出身の藤島監督は、07年に昌平の監督に就任。当時無名の私立校を短期間で3度のインターハイ3位、全国高校選手権8強、“高校年代最高峰のリーグ戦”プレミアリーグEAST昇格など、全国有数の強豪校へ成長させた。 判断力、技術力の質の高い選手たちが繰り出す攻撃的なサッカーが話題となり、また、12年に創設した育成組織、FC LAVIDAとの中高一貫6年指導によって、選手育成でも注目される高校に。現在、7年連続でJリーガーを輩出中で、U-22日本代表FW小見洋太(新潟)やU-17日本代表MF山口豪太(1年)ら多数の年代別日本代表選手も育てている。また、藤島監督は日本高校選抜やU-18日本代表のコーチも務めた。 昌平は近年、男子サッカー部の活躍に続く形で他の運動部も相次いで全国大会出場を果たしてい...

昌平高
藤島崇之監督
{by} web.gekisaka.jp
【2024年】高校年代サッカー・プロ内定者一覧 【加入情報】

※2023年10月2日時点 【高体連】▽帝京DF梅木怜(→FC今治)MF横山夢樹(→FC今治) ▽興國MF國武勇斗(→奈良クラブ)MF宮原勇太(→グールニクザブジェ) ▽飯塚DF藤井葉大(→ファジアーノ岡山) ▽大津MF碇明日麻(→水戸ホーリーホック) ▽宮崎日大DF松下衣舞希(→横浜FC) ▽神村学園FW西丸道人(→ベガルタ仙台) ▽鹿児島城西MF芹生海翔(→藤枝MYFC) 【Jクラブユース】▽北海道コンサドーレ札幌U-18FW出間思努(→北海道コンサドーレ札幌) ▽モンテディオ山形ユースGK上林大誠(→モンテディオ山形)DF千葉虎士(→モンテディオ山形)▽浦和レッドダイヤモンズユースMF早川隼平(→浦和レッドダイヤモンズ)▽ジェフユナイテッド千葉U-18DF谷田壮志朗(→ジェフユナイテッド千葉)▽FC東京U-18MF佐藤龍之介(→FC東京)GK小林将天(→FC東京)▽湘南ベルマーレ...

高校サッカー
{by} koko-soccer
藤枝内定のMF芹生海翔、プロの練習で痛感した守備の重要性。成長を続ける司令塔は鹿児島城西を7年ぶりの選手権出場に導けるか

鹿児島城西のMF芹生は、身体の使い方が上手く、パスセンスも高い司令塔だ。写真:松尾祐希 今年のチームは攻撃陣にタレントが揃う “半端ない”FW大迫勇也(神戸)を擁して選手権で準優勝を果たしてから15年。鹿児島城西が虎視眈々と復権の機会を狙っている。 鹿児島の高校サッカーと言えば――。2000年代の前半までMF遠藤保仁(磐田)やMF松井大輔(YS横浜)らを輩出した鹿児島実がその名を轟かせた。 近年は神村学園が躍進し、昨年度は福田師王(ボルシアMG)やMF大迫塁(C大阪)を擁してベスト4まで勝ち上がったのは記憶に新しい。インターハイは6年連続、冬の選手権も昨年度まで6年連続で出場しており、今季から2種年代最高峰のU-18プレミアリーグ高円宮杯に参戦するまでになっている。 一方で鹿児島城西は前述の通り、2008年度の選手権で日本一にあと一歩まで迫り、以降も神村学園と切磋琢磨し...

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
続々と高校年代の選手が夢を掴む 高体連勢から8人、Jクラブユース勢からは29人.... 【加入情報】

9月26日にFC大阪は、イェールメディテック高校(韓国)所属の韓国人GKカン ソングクが2024シーズンより加入することが内定と発表した。 26日までに高体連勢からは8人、Jクラブユース勢からは29人がプロへの切符を獲得(海外チーム含む)。また、街クラブと海外の高校からのプロ内定がそれぞれ1人となっている。 ※2023年9月26日時点 【高体連】▽帝京DF梅木怜(→FC今治)MF横山夢樹(→FC今治) ▽興國MF國武勇斗(→奈良クラブ)MF宮原勇太(→グールニクザブジェ) ▽飯塚DF藤井葉大(→ファジアーノ岡山) ▽大津MF碇明日麻(→水戸ホーリーホック) ▽神村学園FW西丸道人(→ベガルタ仙台) ▽鹿児島城西MF芹生海翔(→藤枝MYFC) 【Jクラブユース】▽北海道コンサドーレ札幌U-18FW出間思努(→北海道コンサドーレ札幌) ▽モンテディオ山形ユースGK上林大誠(→モンテ...

高校サッカー
{by} koko-soccer
きょう新たに6地区で選手権予選が開幕 【第102回全国高校サッカー選手権予選】

9月30日、冬の風物詩・高校サッカー選手権の地区予選、第102回全国高校サッカー選手権予選が岩手、秋田、京都など6地区で新たに開幕を迎える。 今年度の全国高校サッカー選手権の各都道府県の出場校は12月16日もしくは17日(現在未定)に鹿児島代表が決定し、48校が出そろう。なお、今年度の全国大会は12月28日から2024年1月8日にかけて首都圏内の各会場で熱戦が展開される。...

高校サッカー
{by} koko-soccer