元Jリーガー社長・中村亮さんの高校時代とプロでの生活「高校で得た自信とFC東京時代に構築できたコネクションは財産」
{by} koko-soccer



サッカー留学生のサポートなどを行っている株式会社「WithYou」の代表取締役である中村亮さん。現在は兵庫県神戸市の本社や東京都渋谷区の支社、そしてアメリカを忙しく飛び回る日々を送っている。


じつは中村さんは、名門チームのFC東京でプレーしていたという元Jリーガー。現役引退から8年後に現在の会社を起業するが、その時に役に立ったのが高校時代やプロ生活で得たものだったという。そんな中村さんの高校時代やプロでの生活など、いろいろと話をうかがった。

――ちなみにブラジル留学から日本に戻って進学された滝川第二時代の思い出、3年間というのは中村さんにとってどんな時間だったのでしょうか?

じつは滝川第二への進学もすんなりいった感じではなくて。強豪校なので、夏の時点でもうセレクションは終わっていて。何とか入れてもらえたんですけれども、やっぱり他に上手い選手がたくさんいたので、まずいちばん下のチームからスタート。スポーツ推薦で入った選手がほとんどの中、自分は一般で入ったようなものだったので、ボールなんて蹴らせてもらえなかったですね。もう走るだけ。ただそこで目立たないと競争を勝ち抜けませんから、全部1位になっていたら上のチームに上がれるようになったりしました。ただそこからは本当に努力して、高校2年生の時にはレギュラーを獲りました。

今でも覚えているんですけれども、初めて出場した公式戦が選手権兵庫予選の決勝で。監督曰く「お前は隠し球だ」ということだったそうで(笑)。家に帰って録画していたテレビを見たら、実況の方が「中村という2年生の選手は初のスタメン。監督に話を伺ったら“中村はタキニの隠し球です”とおっしゃっていました」とアナウンスされていて。それも驚きましたし、チャンスを与えてくれた監督にも感謝の気持ちでいっぱいですね。

父に勧められたサッカー留学も同じかもしれないんですけれども、何かきっかけを与えられて、それを上手く活かすことができたという高校時代でしたね。その試合で掴んだ自信というのが自分の中ではすごく大きかったんです。それまではどこか自分に自信が持てなかったんですけれども、そんな大きな試合を経験して「俺は行ける!」という風に思えるようになって。

結局兵庫予選で優勝して、選手権の本大会でも勝ち抜いて国立競技場でのゲームまで行けたんです。準決勝では優勝した東福岡に敗れてしまったんですけれども、全国で3位になることができて。そのゲームでもスタメンで起用されましたし、高校3年間で自信を付けて、本気でプロを目指すようになったんです。そこで身に付けた自信は社会に出てからも役に立っていると思います。「俺は行ける!」って。

――高校卒業後、すぐにプロを目指さず、鹿屋体育大学に進学されたのはどんな理由からでしょうか?

じつは両親が教師だったこともあって、その背中を見ていた自分も、教師になることには興味を持っていたんです。なので教員免許が取れて、しかも国立で学費も安い鹿屋体育大学に進みました。プロになれたとしても、いつかは現役を引退するわけだから、であれば教員免許は持っておきたいなと。

ここで自分にとってラッキーだったのは、当時九州のサッカーが「フィジカル重視」だったということ。体が大きくてスピードもあった自分にはフィットしたのかなと思っていますね。

しかも身長が大きくて左利きで左サイドバックというのが珍しかったと思うんです。そこで注目してもらえるようになって、大学2年の終わり頃にデンソーカップの日韓戦にも呼んでもらえて。そういう巡り合わせもあってJのチームからいくつか声を掛けていただけるようになって。最終的にはJ1のチームで、地元のヴィッセル神戸かFC東京で悩みつつ、最終的にはFC東京を選んだという形ですね。

――FC東京を選んだ大きな理由というのはどんなものだったのでしょうか?

当時のFC東京の監督が原博実(現大宮アルディージャ フットボール本部長)さんで、原さんのサイドのスピードを活かしたダイナミックなサッカーが好きで。それと「地元に帰る」という環境よりも、自分の中でもっと「攻めたいな」と、チャレンジしたい気持ちが強くあったのでFC東京を選びましたね。

――2年間のプロ生活の中でケガも多かったようですが、起業など将来のビジョンは見えていたのでしょうか?

いえ、全然無かったです。1ミリも。将来のことをしっかり考えているJリーガーではありませんでした。ただ、プロとしての生活の中で好奇心を持ってやっていたことは役に立ちました。ケガをしているので、普通の選手よりは時間があるというか、自分を見つめ直すことはできました。

例えば知り合いの企業の社長など、第一線で活躍されていて、普通では話を聞くようなことができない人から自分がJリーガーという肩書きを持っていたために食事に誘って頂けたり。そこでいろいろな話を聞くことができたのは経験値として抜群に大きかったと思いますし、後々に役に立ちました。

プロ生活は2年と短く、選手としてはダメだったかもしれませんが、プロになれたということと、ここで構築できたコネクションは財産ですね。起業して経営者になってからは本当にそう思うようになりました。今でもこうしてメディアの方に取材をしていただいたりすると、連絡が来たりしますね。「よく頑張っているな」と。そういった声をかけていただけたりして本当にうれしいです。

――引退後は、興味を持っていたという教員もされていたんですよね?

そうなんです。引退すると決めた時に、FC東京さんが次のチームを探してくれていたんです。「ここが一年契約してくれるよ」って。ただ膝のケガが治っていなくて、悩みながらもそのオファーをお断りして。1年後にまた同じようになっているだろうなというのがハッキリ見えていましたし、サッカーが楽しめなくなっていた自分もいたため、引退することにしたんです。

とは言え当然生活していかなければならないので、取得した教員免許を活かせないかと考えていたところ、当時Jリーグのセカンドキャリアサポートセンターというのがあって、そこに高校、大学の先輩の方がいらっしゃって。そこで横浜の公立中学校を紹介されて、面倒を見てもらえることになったんです。

ただ実際に教師をやってみると、もちろんつまらないというわけでは無かったのですが、一生続けていくという気になれなかったというか。もともと教師になることには興味があったんですけれども、プロを経験して、いろいろな世界を知った後では自分の目標が変わっていた、教師とは違う方向を向いていたということだと思うんです。そこで教師という道から、新たな他の道を探すことにしたんです。その中の1つに海外留学という選択肢もあったんです。

次回ではその後の道を激変させたアメリカでの大学生活などについての話を紹介する。


関連ニュース
高校選抜選考合宿はユース審判育成の場に。高校生6人が練習試合をコントロール

全国から集ったユース審判員たちが、高校選抜候補の試合をレフェリングした。日本高校選抜候補とU-17日本高校選抜候補が、1月20日から23日まで静岡県内で選考合宿を行い、期間中にそれぞれ大学生と練習試合2試合を実施。この計4試合に加えて、日本高校選抜候補対U-17日本高校選抜候補戦を高校生のユース審判員による審判団がコントロールした。 この試みは昨年に続いて2年目。募集に対して全国から30名ものユース審判員が応募し、選ばれた小崎一心君(四日市工高3年)、渡邉彪斗君(伊豆総合高3年)、中川航君(住吉高2年)、林田萌芽君(修道高2年)、山田周君(駒澤大高1年)、木村尚暉君(徳島科学技術高1年)の6人が合宿を行い、同じ高校生である高校選抜候補の戦いで笛を吹き、旗を上げる機会を得た。 ピッチサイドや宿舎では、同じ志を持つユース審判員たちや指導員の先生方と経験や考え方を伝え合った。加えて、今回の合宿で...

高校選抜選考
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
腕を骨折したゴールキーパーは夢を諦めて転校…高校サッカー強豪校に「イジメ」「飲酒」「喫煙」告発

「部員が寮で重傷を負ったにも関わらず、学校側は保護者会も開催せず、何の説明もしていません」 こう告発するのは、1月9日に幕を閉じた全国高校サッカー選手権大会でベスト16まで勝ち上がった、私立日本文理高校(新潟県)サッカー部の関係者である。◆ ◆ ◆スポーツ強豪校で起きた“事件”とは 日本文理高は1984年創立。新潟では「ブンリ」の通称で親しまれている。「スポーツ強豪校として知られ野球部は夏の甲子園に県勢最多の12回も出場している。近年はサッカーにも力を入れており、2017年には全国選手権初出場でベスト8まで勝ち上がった。全国各地からのスポーツ推薦を含めサッカー部の部員数は約140名。名門・国士舘大学サッカー部出身の駒沢隆一氏が監督として長年指揮を執っています」(地元記者) そんな強豪校で“事件”が起きたのは、昨年9月30日夜のこと。「多くの部員が生活する第一学生寮で、ある1年生部員が寮の世...

高校サッカー
{by} //bunshun.jp/
【40代が選ぶ】「今おすすめしたいサッカー漫画」ランキング! 第1位は「キャプテン翼」

ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の40代を対象に「今おすすめしたいサッカー漫画は?」というアンケートを実施しました。 多くの40代が「今おすすめしたい」と回答したのは、どのサッカー漫画でしょうか。早速ランキングを見ていきましょう!●第7位:かっとび一斗 がんばれ!キッカーズ シャンペン・シャワー フットボールネーション 俺たちのフィールド ●第5位:GIANT KILLING ブルーロック ●第4位:ホイッスル! ●第3位:アオアシ ●第2位:シュート! 第2位は『シュート!』でした。『週刊少年マガジン』で1990年から2003年まで約13年間連載され、1993年にアニメ化を果たした大島司さん作のサッカー漫画です。1994年には国民的アイドルグループ・SMAPのメンバ...

サッカー漫画
キャプテン翼
{by} nlab.itmedia.co.jp
全国高校サッカー選手権優勝の岡山学芸館にJAから米1トン

全国高校サッカー選手権で県勢初の優勝を果たした岡山学芸館高校の選手たちに、地元のJAから県産米1トン余りが贈られました。 岡山市東区の岡山学芸館高校で行われた贈呈式には、全国高校サッカー選手権の決勝戦に出場した選手らが出席しました。 県勢として初めてこの大会で優勝し、さらなる活躍をと、JA岡山の宮武博会長が高原良明監督に目録を手渡しました。 贈られたのは、岡山市などで収穫された「温羅の舞」という名前の米およそ1.2トン分で、生徒たちおよそ120人が生活する瀬戸内市の学生寮の食事として提供されます。 高原監督は「食事は大変重要ですし、選手にはとにかくお米の量を増やすように指導しています」と感謝していました。 2年生の田口裕真選手は「試合を最後まで走りきるため、お米は欠かせないのでありがたいです。トレーナーの指示で1日5食を食べているので、今後もしっかり食べて、もう一度あの...

全国高校サッカー選手権
{by} https://www3.nhk.or.jp/
U-17日本高校サッカー選抜候補メンバー発表!! 昌平&尚志から最多タイ5人を選出

DF石川穂高(昌平2年)とFW網代陽勇(尚志2年)(写真協力『高校サッカー年鑑』) 日本サッカー協会(JFA)は18日、20日から23日まで御殿場時之栖にてU-17日本高校サッカー選抜選考合宿に臨むU-17日本高校サッカー選抜候補のメンバーを発表した。 昌平高、尚志高から最多タイとなる5選手ずつを選出。昌平からはFW小田晄平(昌平2年)、MF土谷飛雅(昌平2年)、MF長準喜(昌平2年)、DF石川穂高(昌平2年)、DF上原悠都(昌平1年)が名を連ね、尚志からはFW網代陽勇(尚志2年)、MF神田拓人(尚志2年)、MF安斎悠人(尚志2年)、DF市川和弥(尚志2年)、DF白石蓮(尚志2年)が選出された。 活動期間中にはトレーニングマッチが3試合行われ、流経大、日本体育大、日本高校選抜候補と対戦する。■スタッフ団長:高澤篤(市立千葉高)監督:米澤一成(京都橘高)コーチ:有村圭一郎(神村学園高)G...

JFA
U-17日本高校サッカー選抜
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
日本高校サッカー選抜候補メンバー発表!! 岡山学芸館&東山から4人、前橋育英から最多7人選出

選手権初優勝を飾った岡山学芸館高からは4人が選出された(写真協力『高校サッカー年鑑』) 日本サッカー協会(JFA)は18日、20日から23日まで御殿場時之栖にて日本高校サッカー選抜選考合宿に臨む日本高校サッカー選抜候補のメンバーを発表した。 最多選出となったのは選手権でベスト8まで進出した前橋育英高で、FW高足善(3年)、FW山本颯太(3年)、MF徳永涼(3年)、MF根津元輝(3年)、MF小池直矢(3年)、DF齋藤駿(3年)、DF山内恭輔(3年)の7選手が名を連ねた。 選手権初優勝を飾った岡山学芸館高からはFW今井拓人(3年)、MF木村匡吾(3年)、MF山田蒼(3年)、DF井上斗嵩(3年)の4人が選出。準優勝の東山高からもMF真田蓮司(3年)、MF松橋啓太(3年)、DF新谷陸斗(3年)、GK佐藤瑞起(3年)の4人が選ばれている。 また、ベスト4の大津高からはDF田辺幸久(2年)、DF坂...

高校サッカー
JFA
{by} web.gekisaka.jp
高校サッカー選手権で目についた、将来が楽しみな「8人の選手」。198cmの二刀流、左利きCB、ハイボール処理が巧みな2年生GK…

先々が楽しみな神村学園の名和田我空 岡山県勢初となる岡山学芸館の優勝で幕を閉じた、今年度の全国高校サッカー選手権大会。岡山学芸館と東山の対戦となった決勝には、実に5万人を超える観衆が詰めかけ、この大会に対するサッカーファンの関心の高さをうかがわせた。 どこが優勝するのかという興味もさることながら、「コイツはスゴい!」と評判になっている選手を生で見てみたい。そんな関心が、この大会に注目を集める大きな要素となっているのは確かだろう。実際、今大会を取材するなかで、これは面白いと思う選手に出くわすことが少なくなかった。 そこで、今大会で活躍した選手のなかから、個人的に気になったタレントを何人かピックアップしてみたい。あくまでも"生で見た選手"を対象としているため、所属する高校に多少の偏りがあることは事前にお断りしておく。 まずは、卒業後のJリーグ入りが内定している選手たちである。 神村学園のM...

高校サッカー
{by} sportiva.shueisha.co.jp
全日本高等学校女子サッカー選手権の歴代優勝校、準優勝校一覧

第1回 1992年 聖和学園 / 埼玉第2回 1993年 本庄第一 / 啓明女学院第3回 1994年 埼玉 / 啓明女学院第4回 1995年 埼玉栄 / 埼玉第5回 1996年 埼玉 / 啓明女学院第6回 1997年 啓明女学院 / 埼玉第7回 1998年 聖和学園 / 神村学園第8回 1999年 湘南女子 / 神村学園第9回 2000年 啓明女学院 / 湘南学院第10回 2001年 聖和学園 / 湘南学院第11回 2002年 常盤木学園 / 聖和学園第12回 2003年 鳳凰 / 常盤木学園第13回 2004年 神村学園 / 常盤木学園第14回 2005年 神村学園 / 常盤木学園第15回 2006年 藤枝順心 / 常盤木学園第16回 2007年 鳳凰 / 神村学園第17回 2008年 常盤木学園 / 鳳凰第18回 2009年 常盤木学園 / 神村学園第19回 2010年 日ノ本学園 /...

全日本高等学校女子サッカー選手権
{by} koko-soccer
【選手権】取材ライターが選ぶ「下級生ベスト11」!神村学園と昌平から3名をセレクト。初Vの岡山学芸館からは…

GKには日本一に貢献した守護神を選出 例年にない混戦を勝ち抜き、101回目の高校サッカー選手権を制したのは岡山学芸館だった。準決勝で優勝候補の神村学園を撃破。決勝では同じく注目度が高かった東山を下し、創部初の日本一に輝いた。 そして、来年に向けた戦いはすでに始まっている。大会前から注目されていた選手はもちろん、大会中に株を上げて一躍来季の主役候補になりそうなタレントも現われた。本稿では、来季の高校サッカー界を牽引しそうな逸材をピックアップ。高卒でプロ入りを目ざすべき有望株から、もうひと伸びすれば次のステージが見えてくる選手などをベストイレブンの形式で紹介する。――◆――◆――GK平塚仁(岡山学芸館/2年)プロゴルファーの平塚哲二氏を父に持つ守護神は試合を重ねるごとに逞しくなり、安定したプレーでチームを最後尾から支えた。キャッチングの技術が高く、シュートストップの質も抜群。準決勝の神村学園戦...

神村学園
高校サッカー
{by} soccerdigestweb
「3人なら全国獲れる。岡山学芸館に行こう」一度は離れかけた幼馴染トリオ、運命を変えた今井拓人の誘い

岡山学芸館高FW今井拓人(3年)(写真協力=高校サッカー年鑑) [1.9 選手権決勝 岡山学芸館高 3-1 東山高 国立]「学芸で全国に行こう」。高校からバラバラになるはずだった3人は、その一言で岡山学芸館高でも一緒にプレーをした。FW今井拓人(3年)は自身が誘ったDF井上斗嵩(3年)、MF岡本温叶(3年)とピッチの上で優勝の瞬間をともにする。「自分はこの2人と日本一を獲れると思っていた」(今井)。幼馴染トリオが全国制覇の喜びを噛みしめた。 ともに初優勝を懸け、岡山学芸館は東山高と対戦した。前半25分に今井のプレーが均衡を破る。PA右に入り込んだ今井は「シュートを狙った。思い切り振ろうという意識」で鋭く右足シュート。低い弾道は相手選手に当たってオウンゴールを誘発。岡山学芸館が先制した。 前半終了間際に東山に追いつかれるが、岡山学芸館は後半7分、40分とMF木村匡吾(3年)が2ゴールを挙げ...

岡山学芸館高
今井拓人
{by} web.gekisaka.jp