【W杯】三笘、久保、板倉、田中の小学生時代指導した高崎康嗣氏 素材を伸ばす指導の極意とは?
{by} www.nikkansports.com

かつて川崎Fの下部組織で指導し、現在はJ3宮崎で指揮を執る高崎康嗣監督


W杯カタール大会の日本代表に、川崎フロンターレのジュニア(U-12)出身者のDF板倉滉(25)、MF三笘薫(25)、MF田中碧(24)、MF久保建英(21)が選ばれた。

昨夏の東京五輪に続く大舞台を踏む、4人の小学生時代を指導したのは高崎康嗣氏(52=J3宮崎監督)。小学生の彼らにどんな指導をして素材を伸ばしてきたのか。その極意を聞いた。【取材・岩田千代巳】

◇   ◇   ◇

板倉は川崎Fのジュニアの第1期生だ。第一印象は「足でも頭でも浮いているボールをとらえるのがうまい」。セレクションではFWで「得点王」だったが、高崎氏は「センターバック、ボランチにしたい」と感じた。両親も大柄で「180センチを超えてボールが扱えるセンターバックはなかなかいない」と将来性を見込んだ。

三笘も第1期性で、小学3年で入った。セレクションで、ニコニコしながら1人だけ別行動を取っていた姿が印象に残っている。小学生はボールに集まる「団子サッカー」になりがちだが、三笘は固まりから外れ、ボールがこぼれそうな所にポジションを取り、味方からボールを受けていた。「賢いしおもしろい」と将来性を見込んでいた。

高崎氏が、サッカーに加え、より重視したのは人間力を磨くことだった。人の目を見て話す、相手や味方との握手、自己紹介は当たり前にできるようにした。

高崎氏「最終的に、サッカーが終わってからの方が人生は長い。小学時代は分からなかったかもしれないけど、日常から意識として置いておいてくれればいいと。彼らにはリーダーになれ、1番になれ、行動は1番におこせ、弱い子は助けなさい、意見を聞いてまとめなさい、と言ってきた」

「止める・蹴る」の技術を上げることで、視野が広がることもある。板倉や田中は「タカさん(高崎氏)に出会って止める・蹴るの意味がよく分かった。それがあるから今がある」と振り返る。だが、高崎氏の教えは、ただそれだけではない。何げない日常の会話の中にも、視野を広げる工夫があった。子どもたちに「今、空に何か動いたよ、気付いた?」と投げかける。きょとんとする子どもたちに「君たちは見えてないね。鳥が動いたよ。飛行機が飛んでるでしょ」。

高崎氏「日常で気付くことができれば、目配り気配りができて視野が広がる。サッカーはそういうスポーツ。(田中)碧たちにも言ってきましたが、学校の教室は30人いる。ピッチではたかだか22人しか見なくていいんだぞと」

高崎氏は子どもたちに「指導者と教え子」ではなく、人と人として向き合った。「今、どうしてこの動きをしたのか」などと問いかけをする。語彙(ごい)力がない小学生に完璧な答えは求めていない。考えることを身に付けて欲しかった。ましてや、海外でプレーすれば、自分の意見を言語化しないと生き残れない。子どもは言葉に窮すると泣きだし、板倉も「タカさんにはよく泣かされた」と振り返る。板倉たちが小学5年のころ「何でコーチは他の(チームの)子どもには優しくて、僕らには厳しいんだ。分からない」と言いに来た。腹は立たず、逆に自分たちの意見を直接、ぶつけに来た教え子たちの成長を感じた。そして、意見を聞いた上で、しっかりと自身の考えを伝えた。

その後も教え子たちは小学生にして人の幅を広げていった。地域の有望な選手を育成する「トレセン」でも、初めて会う選手に「よろしくね」「自己紹介しようぜ」と声をかけ、コミュニケーションを図っていた。その姿を見て「リーダーになってきたかな」と感じたことを覚えている。試合で、高崎氏が相手チームの指導者と雑談をしていると、選手たちはよく、近くによって指導者同士の会話を聞きに来た。貪欲に上達のヒントを探そうとしていた。板倉、三笘、田中もそうだ。素直でよく、人の意見に耳を傾けた。だからこそ、さまざまなことを吸収し、海外や代表へと羽ばたいたと言える。

高崎氏が別格だと感じたのは久保建英。小学4年時で、既に自身の考えを言語化する能力があった。当時から2学年上の6年生とプレーしていた。「失敗は2回、繰り返さないし、有言実行。10歳にしてやっていること、見ていることが大人と同じだった」。

東京オリンピック(五輪)に続き、4人の教え子が次はW杯へ向かう。高崎氏は「一生懸命やって、たまたま僕が携われて。日々、必死になって指導してきた。確かに濃い時代だった」と振り返り、4人の大舞台での活躍に期待を寄せた。
関連ニュース
高校選抜選考合宿はユース審判育成の場に。高校生6人が練習試合をコントロール

全国から集ったユース審判員たちが、高校選抜候補の試合をレフェリングした。日本高校選抜候補とU-17日本高校選抜候補が、1月20日から23日まで静岡県内で選考合宿を行い、期間中にそれぞれ大学生と練習試合2試合を実施。この計4試合に加えて、日本高校選抜候補対U-17日本高校選抜候補戦を高校生のユース審判員による審判団がコントロールした。 この試みは昨年に続いて2年目。募集に対して全国から30名ものユース審判員が応募し、選ばれた小崎一心君(四日市工高3年)、渡邉彪斗君(伊豆総合高3年)、中川航君(住吉高2年)、林田萌芽君(修道高2年)、山田周君(駒澤大高1年)、木村尚暉君(徳島科学技術高1年)の6人が合宿を行い、同じ高校生である高校選抜候補の戦いで笛を吹き、旗を上げる機会を得た。 ピッチサイドや宿舎では、同じ志を持つユース審判員たちや指導員の先生方と経験や考え方を伝え合った。加えて、今回の合宿で...

高校選抜選考
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
腕を骨折したゴールキーパーは夢を諦めて転校…高校サッカー強豪校に「イジメ」「飲酒」「喫煙」告発

「部員が寮で重傷を負ったにも関わらず、学校側は保護者会も開催せず、何の説明もしていません」 こう告発するのは、1月9日に幕を閉じた全国高校サッカー選手権大会でベスト16まで勝ち上がった、私立日本文理高校(新潟県)サッカー部の関係者である。◆ ◆ ◆スポーツ強豪校で起きた“事件”とは 日本文理高は1984年創立。新潟では「ブンリ」の通称で親しまれている。「スポーツ強豪校として知られ野球部は夏の甲子園に県勢最多の12回も出場している。近年はサッカーにも力を入れており、2017年には全国選手権初出場でベスト8まで勝ち上がった。全国各地からのスポーツ推薦を含めサッカー部の部員数は約140名。名門・国士舘大学サッカー部出身の駒沢隆一氏が監督として長年指揮を執っています」(地元記者) そんな強豪校で“事件”が起きたのは、昨年9月30日夜のこと。「多くの部員が生活する第一学生寮で、ある1年生部員が寮の世...

高校サッカー
{by} //bunshun.jp/
元Jリーガー社長・中村亮さんの高校時代とプロでの生活「高校で得た自信とFC東京時代に構築できたコネクションは財産」

サッカー留学生のサポートなどを行っている株式会社「WithYou」の代表取締役である中村亮さん。現在は兵庫県神戸市の本社や東京都渋谷区の支社、そしてアメリカを忙しく飛び回る日々を送っている。 じつは中村さんは、名門チームのFC東京でプレーしていたという元Jリーガー。現役引退から8年後に現在の会社を起業するが、その時に役に立ったのが高校時代やプロ生活で得たものだったという。そんな中村さんの高校時代やプロでの生活など、いろいろと話をうかがった。――ちなみにブラジル留学から日本に戻って進学された滝川第二時代の思い出、3年間というのは中村さんにとってどんな時間だったのでしょうか? じつは滝川第二への進学もすんなりいった感じではなくて。強豪校なので、夏の時点でもうセレクションは終わっていて。何とか入れてもらえたんですけれども、やっぱり他に上手い選手がたくさんいたので、まずいちばん下のチームからスター...

中村亮
高校サッカー
{by} koko-soccer
【40代が選ぶ】「今おすすめしたいサッカー漫画」ランキング! 第1位は「キャプテン翼」

ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の40代を対象に「今おすすめしたいサッカー漫画は?」というアンケートを実施しました。 多くの40代が「今おすすめしたい」と回答したのは、どのサッカー漫画でしょうか。早速ランキングを見ていきましょう!●第7位:かっとび一斗 がんばれ!キッカーズ シャンペン・シャワー フットボールネーション 俺たちのフィールド ●第5位:GIANT KILLING ブルーロック ●第4位:ホイッスル! ●第3位:アオアシ ●第2位:シュート! 第2位は『シュート!』でした。『週刊少年マガジン』で1990年から2003年まで約13年間連載され、1993年にアニメ化を果たした大島司さん作のサッカー漫画です。1994年には国民的アイドルグループ・SMAPのメンバ...

サッカー漫画
キャプテン翼
{by} nlab.itmedia.co.jp
全国高校サッカー選手権優勝の岡山学芸館にJAから米1トン

全国高校サッカー選手権で県勢初の優勝を果たした岡山学芸館高校の選手たちに、地元のJAから県産米1トン余りが贈られました。 岡山市東区の岡山学芸館高校で行われた贈呈式には、全国高校サッカー選手権の決勝戦に出場した選手らが出席しました。 県勢として初めてこの大会で優勝し、さらなる活躍をと、JA岡山の宮武博会長が高原良明監督に目録を手渡しました。 贈られたのは、岡山市などで収穫された「温羅の舞」という名前の米およそ1.2トン分で、生徒たちおよそ120人が生活する瀬戸内市の学生寮の食事として提供されます。 高原監督は「食事は大変重要ですし、選手にはとにかくお米の量を増やすように指導しています」と感謝していました。 2年生の田口裕真選手は「試合を最後まで走りきるため、お米は欠かせないのでありがたいです。トレーナーの指示で1日5食を食べているので、今後もしっかり食べて、もう一度あの...

全国高校サッカー選手権
{by} https://www3.nhk.or.jp/
U-17日本高校サッカー選抜候補メンバー発表!! 昌平&尚志から最多タイ5人を選出

DF石川穂高(昌平2年)とFW網代陽勇(尚志2年)(写真協力『高校サッカー年鑑』) 日本サッカー協会(JFA)は18日、20日から23日まで御殿場時之栖にてU-17日本高校サッカー選抜選考合宿に臨むU-17日本高校サッカー選抜候補のメンバーを発表した。 昌平高、尚志高から最多タイとなる5選手ずつを選出。昌平からはFW小田晄平(昌平2年)、MF土谷飛雅(昌平2年)、MF長準喜(昌平2年)、DF石川穂高(昌平2年)、DF上原悠都(昌平1年)が名を連ね、尚志からはFW網代陽勇(尚志2年)、MF神田拓人(尚志2年)、MF安斎悠人(尚志2年)、DF市川和弥(尚志2年)、DF白石蓮(尚志2年)が選出された。 活動期間中にはトレーニングマッチが3試合行われ、流経大、日本体育大、日本高校選抜候補と対戦する。■スタッフ団長:高澤篤(市立千葉高)監督:米澤一成(京都橘高)コーチ:有村圭一郎(神村学園高)G...

JFA
U-17日本高校サッカー選抜
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
日本高校サッカー選抜候補メンバー発表!! 岡山学芸館&東山から4人、前橋育英から最多7人選出

選手権初優勝を飾った岡山学芸館高からは4人が選出された(写真協力『高校サッカー年鑑』) 日本サッカー協会(JFA)は18日、20日から23日まで御殿場時之栖にて日本高校サッカー選抜選考合宿に臨む日本高校サッカー選抜候補のメンバーを発表した。 最多選出となったのは選手権でベスト8まで進出した前橋育英高で、FW高足善(3年)、FW山本颯太(3年)、MF徳永涼(3年)、MF根津元輝(3年)、MF小池直矢(3年)、DF齋藤駿(3年)、DF山内恭輔(3年)の7選手が名を連ねた。 選手権初優勝を飾った岡山学芸館高からはFW今井拓人(3年)、MF木村匡吾(3年)、MF山田蒼(3年)、DF井上斗嵩(3年)の4人が選出。準優勝の東山高からもMF真田蓮司(3年)、MF松橋啓太(3年)、DF新谷陸斗(3年)、GK佐藤瑞起(3年)の4人が選ばれている。 また、ベスト4の大津高からはDF田辺幸久(2年)、DF坂...

高校サッカー
JFA
{by} web.gekisaka.jp
高校サッカー選手権で目についた、将来が楽しみな「8人の選手」。198cmの二刀流、左利きCB、ハイボール処理が巧みな2年生GK…

先々が楽しみな神村学園の名和田我空 岡山県勢初となる岡山学芸館の優勝で幕を閉じた、今年度の全国高校サッカー選手権大会。岡山学芸館と東山の対戦となった決勝には、実に5万人を超える観衆が詰めかけ、この大会に対するサッカーファンの関心の高さをうかがわせた。 どこが優勝するのかという興味もさることながら、「コイツはスゴい!」と評判になっている選手を生で見てみたい。そんな関心が、この大会に注目を集める大きな要素となっているのは確かだろう。実際、今大会を取材するなかで、これは面白いと思う選手に出くわすことが少なくなかった。 そこで、今大会で活躍した選手のなかから、個人的に気になったタレントを何人かピックアップしてみたい。あくまでも"生で見た選手"を対象としているため、所属する高校に多少の偏りがあることは事前にお断りしておく。 まずは、卒業後のJリーグ入りが内定している選手たちである。 神村学園のM...

高校サッカー
{by} sportiva.shueisha.co.jp
全日本高等学校女子サッカー選手権の歴代優勝校、準優勝校一覧

第1回 1992年 聖和学園 / 埼玉第2回 1993年 本庄第一 / 啓明女学院第3回 1994年 埼玉 / 啓明女学院第4回 1995年 埼玉栄 / 埼玉第5回 1996年 埼玉 / 啓明女学院第6回 1997年 啓明女学院 / 埼玉第7回 1998年 聖和学園 / 神村学園第8回 1999年 湘南女子 / 神村学園第9回 2000年 啓明女学院 / 湘南学院第10回 2001年 聖和学園 / 湘南学院第11回 2002年 常盤木学園 / 聖和学園第12回 2003年 鳳凰 / 常盤木学園第13回 2004年 神村学園 / 常盤木学園第14回 2005年 神村学園 / 常盤木学園第15回 2006年 藤枝順心 / 常盤木学園第16回 2007年 鳳凰 / 神村学園第17回 2008年 常盤木学園 / 鳳凰第18回 2009年 常盤木学園 / 神村学園第19回 2010年 日ノ本学園 /...

全日本高等学校女子サッカー選手権
{by} koko-soccer
【選手権】取材ライターが選ぶ「下級生ベスト11」!神村学園と昌平から3名をセレクト。初Vの岡山学芸館からは…

GKには日本一に貢献した守護神を選出 例年にない混戦を勝ち抜き、101回目の高校サッカー選手権を制したのは岡山学芸館だった。準決勝で優勝候補の神村学園を撃破。決勝では同じく注目度が高かった東山を下し、創部初の日本一に輝いた。 そして、来年に向けた戦いはすでに始まっている。大会前から注目されていた選手はもちろん、大会中に株を上げて一躍来季の主役候補になりそうなタレントも現われた。本稿では、来季の高校サッカー界を牽引しそうな逸材をピックアップ。高卒でプロ入りを目ざすべき有望株から、もうひと伸びすれば次のステージが見えてくる選手などをベストイレブンの形式で紹介する。――◆――◆――GK平塚仁(岡山学芸館/2年)プロゴルファーの平塚哲二氏を父に持つ守護神は試合を重ねるごとに逞しくなり、安定したプレーでチームを最後尾から支えた。キャッチングの技術が高く、シュートストップの質も抜群。準決勝の神村学園戦...

神村学園
高校サッカー
{by} soccerdigestweb