なぜ高校サッカーは面白く"なれない"のか|彼らなくして日本サッカーは成り立たない。
{by} note.com/cymru_jp



日本の高校サッカーの規模は世界にも類を見ないほどに大きい。


世間からの人気度こそ甲子園には劣るが、毎年の冬の選手権では初戦から多くの観戦者がスタジアムに足を運び、決勝戦は埼玉スタジアムが埋め尽くされるほどだ。(昨年の決勝の来場者数は56025人)

このように華やかで活気的な部活動ではあるが、その高校サッカーでの「普通なこと」が高校サッカーを面白くなくする原因であり、そして日本サッカーの人気度の向上を停滞させている

その普通なこととは「部員数過多」である。

普通の人でも、強豪校などは部員が多いという認識があるかもしれない。しかし、この高校サッカーでありがちなことが、世界と比べると「普通ではない」こと、ましてや「異常である」ことに私達は目を向けるべきだ。部員が多すぎることには多くのデメリットが隠れていて、日本サッカーのレベルの向上だけでなく"サッカー"というスポーツの社会的役割にも影響を及ぼす。

今回はその高校サッカーの根本的な問題について、ウェールズの育成組織との比較をしながら考察していく。




高校サッカーという「不健康」な部活


全国ベスト8の「1100人」がサッカーを楽しめていない

幕を閉じたインターハイで、ベスト8に入った高校名を見てふと思う、「強豪校は部員が多い」ということ。これは、冷静に考えて部活動としては非常に不健康である。

このような部員数に関わらず、夏のインターハイの登録メンバー数は20人で、計算上、約1105人の選手たちが本戦メンバーとして戦えてない。

もちろん、本戦メンバー外の選手たちがただ座って見ているだけではないことは承知だ。応援やサポート要員、徳島に行かずに他の高校との練習試合をこなしたりと様々なストーリーがあることもわかっている。だが実際にその期間は何千人もの選手達にサッカーを熱く楽しめる環境が提供されていないのだ。これが「普通」であってはならず、「プレイヤーズファースト」ではないということは言わなくてもわかるだろう。

高校サッカー経験者として


私自身は、今年のインターハイ全国大会に出場した高校サッカー部出身だ。。現在の部員数は150人を超え、リーグ戦の時期は常にA・B・C・D・一年生のように5チームに分けられていた。


当時の私は1年生チームで公式戦出場ゼロ、2年生で一番下のカテゴリーで、3年生の春過ぎにAチームに昇格し、リーグ戦・総体予選・選手権予選のメンバーとして戦った。最終学年でスタメンとして絡めたのは良かったものの、1年生〜3年生の春までの2年間はずっと「その他」であった。

同じ経験をした人は強豪校関わらず多いだろうが、サッカー部の選手数の多さに加え、他部活とのグラウンドの共有により「その他」チームに与えられる平日の練習スペースはかなり狭くなる。僕がAチームでなかった時は、アップは陸上タータン行い、ボールを使う練習は狭いゴール裏でなんとか済ませて、やっとピッチに入れるのは最後のゲームの20分ほどだった。そして、その流れは稀にでなく、ほぼ毎日限られたスペースで可能な練習を約40人ほどで回すわけだ。

正直、Aに行くまでの2年間は同じような練習をして自分がどう上手くなったかもわからない。サッカーを本当の意味で楽しんでいたのかもわからない。今になって振り返ると、練習後の自主練で一番伸びたのじゃないかとさえ思えてくる。高校サッカー部に3年間在籍したのに、本当の意味で「チームの一員」としてプレーできたのは半年だけだった。違う高校に進学していた方が、きちんと出場機会を与えられてサッカー選手としては伸びていたのではないかと思ったり。

同じような経験をしたことがある人はいないだろうか。

「Aチーム争い」という日本の育成組織の独特の言葉


ヨーロッパに来て、高校サッカーの「Aチーム争い」が日本の育成組織の独特の言葉であるということがわかった。


高校サッカーのほとんどのチームでスタメン争いをする前に「Aチーム争い」が行われるが、そのAチームから漏れた選手には、他の高校で主力として活躍できる選手も数多くいる。しかし、Aチームの限られた人数の中に入れず、Bチームになったことによって成長する環境と時間が絞られる。成長したい選手が十分な練習の環境と時間を与えられず、Aチームの選手だけがさらに上手くなっていくケースだ。

このAチーム争いという日本独特のものは、サッカー選手としての成長を妨げることだけでなく、部活引退後の選手がサッカーを好きでいられなくなるということにも繋がる。この100人を超える部員数に関わらず、20〜30人しかリーグ戦・大会に選ばれないことに、技術・教育・社会的に見て、私たち指導者は危機感を覚えるべきだ。


高体連のサッカーは面白くない


インターハイとクラブユースが同時期に行われるこの時期に、よくTwitterで目にする話題がある。


「高校サッカーは面白くない」「Jのユースの方が格段とサッカーが面白い」

この意見は正直、間違っていないと思う。高校vsユースの時はインテンシティ・運動量vs技術・戦術のように見えることも度々ある。

しかし、ここで皆さんに知っておいて欲しいのは「今の高校サッカーのシステムで、面白いサッカーをするのは無理に近い」ということだ。

僕は、5月中旬から7月頭まで日本に帰国した際に母校の指導をさせてもらったのだが、選手数が多すぎて戦術を落とし込みたくてもそれがほぼ不可能であること、出来たとしても莫大な時間が必要であること、それが高校サッカーというものなのだということを強く感じた。

40人の選手を半面ピッチで指導することは非常に難しい。一人一人がボールを触ってる時間なども考慮すると、戦術的なチーム練習の際には約20人の見てるだけの余りが出てしまう。それを無視して戦術を落とし込もうと練習時間が長くなり怪我に繋がったりなど、そこには負のサイクルがあるように感じた。

実際に、高校サッカーに限らず指導者をされている方に、ポゼッション練習などの際に人数相応のスペースが確保できず、選手同士が1セットずつ休んだりプレーしたりというようにして回している人などいないだろうか。それがそもそも「常識外」であるということに気づきたいところだ。

ウェールズを例に考える


ウェールズサッカー協会は、選手の最大限の成長を促すためにシーズンを通して登録できる選手数を定めている。U8〜U19を通して16〜20人までと決まっており、シーズン開幕前にデータベースに選手情報を登録する必要がある。


この人数制限には多くのメリットがあり

練習・ゲーム時間の確保

各選手がレベルに合ったチームでプレーできる

コーチの成長に繋がる

引退後もサッカーを好きでいられる

などがある。


練習・ゲーム時間の確保


ウェールズでは「Ball rolling time」としての共通認識がある「選手が練習時間内に実際にプレーする時間」を増やすことができるというのが一つ目のメリットだ。


今の高校サッカーでは各チーム30人は超える人数にどのように十分なプレー時間を与えるかという無理難題だ。基本的には、練習時間の内70%の時間を一人一人がプレーするのが最低限だが、高校サッカーでそれを遂行できているチームはどれくらいいるだろうか。

基礎練習は全体でできるものの、ポゼッションやゲームは順番を待つ選手たち出てくる。練習時間に比べてサッカーをしている時間は意外と少なく、その分を自主練で補っている選手は多いだろう。もしあなたがコーチをしているのであれば、練習を撮影して実際に選手が練習時間内にどれだけプレーしているかを測ってみてはいかがだろうか。

また、人数が制限されていることは、当然ながら選手に十分なゲーム時間を与えることにも繋がる。高校サッカーの練習試合は一人当たり1本・1本半ぐらいだと思うが、この限られた出場時間は公式戦で70〜90分を戦わなければいけない選手のことを考えると十分ではないだろう。それは、体力面のみならず、ゲーム感なども含めてだ。

ウェールズの場合、練習中に待ちが出るなんてことはあってはならないことだ。多くのチームが16〜20人の選手に対し2人もしくは3人のコーチで指導している場合がほとんどで90分の練習が休みなく進んでいく。大体の流れとして

全体でWarm-UP

2グループで基礎技術練習

同じグループでポゼッション・もしくは対人

戦術的条件ありのゲーム

普通のゲーム

というように、90分間を通して選手全員が待つことなくノンストップでボールを触る。1つの練習だけだと10分・20分ボールを触らないぐらいの差かもしれないが、長期的には相当の違いが生まれてくるわけだ。

各選手がレベルに合ったチームでプレーできる


これは日本と欧州の育成ルールが違うので簡単な話ではないのだが、選手数に制限があることは選手間競争を激しくする。


ウェールズまたは欧州の育成年代の選手はカテゴリーに関わらず基本的に単年契約で、良ければクラブに残り、チームのレベルに合わない選手はシーズン終了後に他のチームに放出されるのが普通だ。この毎年の選手の入れ替えは選手にとっては厳しいことかもしれないが、選手育成を最大限重視した場合には必要不可欠なことであると感じている。

というのも、試合に出場できていない選手は、そのチームだから出れないのであって、他のチームでは主力として活躍できるかもしれない。「放出される」と聞くと、すごくネガティブな事のように思うかもしれないが、「その選手のレベルに合ったチームで試合に出場して成長してもらう」というプレイヤーズファーストな考えだ。加えて、その毎年の選手の入れ替わりは選手のスタンダードの一致によって練習の質の向上も見込まれる。

日本では選手の「囲い込み」が高校サッカーに限らず大学・中学・小学生年代にまで浸透しているのが現実だ。

囲い込みをして結果を出している高校も多いが、実際に選手の何割がサッカー選手として満足のいかないまま卒業を迎えているのだろうか。他の高校に行かせないこと・学費や部費などが理由で「まあ取っておくか」と、選手を獲得してどうやって選手を大切に出来るのだろうといつも思っているのが正直なところだ。プレイヤーズファーストはどこにいったのだろうか。

実際に強豪校だと、Aチームに関われない選手の中に他のチームで活躍できそうな人は山ほどいる。その選手たちが他のチームで主力として活躍するのと、「その他」の恵まれない環境でやるのとではどっちが成長するのだろうか。

コーチの成長にも繋がる


選手数の制限があることのメリットは選手のためだけではない。それは、コーチが成長しやすい環境が生まれるということで、そのコーチの成長が選手のパフォーマンスの向上にも直接影響を及ぼすのだ。


実際に日本で指導しているコーチの中で、選手数が多いが故に練習をプランする際「この人数をどう効率よく回せばいいか」を優先的に考えなければいけない人はどれくらいいるだろうか。そうなると、なるべく説明の少ない基礎練習→みんなでできるポゼッション→全体でゲームという流れになりがちだ。限られた練習時間で選手をできるだけプレーさせたい思いで、戦術的な指示をしたくても練習を中断しにくくなるということは、僕自身も母校に戻った時に強く感じたジレンマだ。

しかし、この「戦術的な指示をしたくても練習を中断させることが難しい」という状況はどこのチームでも絶対にあってはならないと私は感じている。その理由として、選手育成において技術・体力面のみならず、認知・戦術理解の向上が非常に重要であり、そのためにコーチが"サッカー"を体系的に教える練習を考える必要があるからだ。

選手数が適切であることは「どのような"サッカー"を選手に教えるか」を考える時間をコーチに与え、練習メニューの試行錯誤を可能にする。それがあってチームの戦術スタイルや原則を落とし込むメニューを練習に組み込むことができ、世界で戦えるような、サッカーIQの備わった選手育成に大きな影響を与える。

だが現状として、その余裕が与えられているのはJの下部組織コーチぐらいしかいないのではないかとも感じる。「どのような"サッカー"を教えるか」を考えピッチで試行錯誤することは"サッカー"指導者としての成長プロセスの中で非常に重要な事だが、多くの部員を抱える高校の指導者たちにはそれをすることが難しいことが多い。有名な強豪校の監督でも、蓋を開けてみれば一人の"サッカー"指導者としての能力はイマイチということもあるのではないか。実際、彼らは「サッカーを教えるプロ」としてではなく、「教育のプロ」の方が多いという印象だが、世界の育成組織に高校サッカーを追いつかせるためには彼らが"サッカー"指導者として成長をすることはこれからの高校サッカーの発展に限らず、日本サッカーにとっても非常に重要な事だと思っている。

引退後もサッカーを好きでいられる


そして、最後のメリットとしてサッカーを好きで始めた選手達が、現役引退後もサッカーを好きでいられるようになるということだ。


皆さんの周りに、高校サッカーなどでの激しいAチーム争いを経て、部活引退後にサッカーに興味が無くなってしまった・続けない人はどれぐらいいるだろうか。高校サッカーの倍率の高いメンバー争いは、必然的に選手たちを勝利至上主義に仕立て上げる。1年生や試合に出られない選手はは多くの雑用を任されてAチームまたは上級生を陰で支えることが常識だが、その 悪しき慣例が選手達にジリジリとサッカー本来の楽しさを忘れさせる。そして、サッカーボールを蹴るのが好きで始めたサッカーが、上手くないと試合に出られない「限られた人しか許されないスポーツ」へと変容していくのだ。

それは、

体を動かすという人間の本源的な欲求にこたえるとともに、爽快感、達成感、他者との連帯感等の精神的充足や楽しさ、喜びをもたらし、さらには、体力の向上や、精神的なストレスの発散、生活習慣病の予防など、心身の両面にわたる健康の保持増進に資するものである。


文部科学省より


というスポーツの本来の目的を、サッカーが好きな人に与えられないということになり、それによって次々とサッカーを続ける人が減っていく。


U8〜U19の約12年間でサッカーを伸び伸び楽しめるウェールズの育成組織の場合はどうだろうか。それこそ、シーズン毎の選手の入れ替えという面では「メンバー争い」があるかもしれないが、それを行うからこそ各選手がサッカーを1年間楽しむことができる。練習では、コーチがプランしてきた豊かなメニューを休みなく楽しむことができ、試合の日にはスタメン・ベンチ関わらず必ずチームの一員として戦うことができる。ウェールズ・欧州の育成組織は、サッカーチームという社会的コミュニティで自分の大好きなサッカーを滞りなく続けられる、そんな健康的なシステムなのだ。

多くの人がその経験を経て育成組織を終えるからこそ、中野遼太郎さんが仰った「めっちゃ楽しそうにサッカーをする下手なおっさん」がヨーロッパにはたくさんいるのだと思う。そして週末には、彼らは必ずビールを片手にスタジアムに現れ、大好きなサッカーチームを本気で応援するのだ。サッカー人気はそのおっさんによって成り立っているようなものだ。

最後に


日本に帰国した際に高校サッカーに再び関わったこと、インターハイ・クラブユースが最近あったこと、そしてウェールズでのコーチ活動が再開したことなど色々重なって高校サッカーがどうあるべきかをツラツラと書きました。話すのは超得意なのですが文章を書くのは超苦手なので、途中で訳わからないところもあったかもしれませんが、高校サッカーが今のままでは一生発展できないという意見をなんとなく理解していただけるとありがたいです。


関連ニュース
【選手権予選:展望】実力校ひしめく“激戦区”埼玉の頂点に立つのは? 優勝候補の昌平に西武台、成徳深谷、武蔵越生、浦和南などが立ち向かう!

今夏のインターハイ埼玉予選決勝で激しいバトルを繰り広げた昌平(左)と成徳深谷(右)。選手権予選ではどの高校が頂点に立つのか、注目だ。写真:滝川敏之 プロ内定2人を擁する昌平は2年ぶり5度目の優勝を目ざす 第101回全国高校サッカー選手権・埼玉大会は10月9日、例年と同数の52校が参加する決勝トーナメントが開幕する。 今夏の全国高校総体(インターハイ)で4強入りし、優勝候補筆頭の昌平が2年ぶり5度目の頂点に立つのか、それとも多士済々の実力校が昌平を倒すのか。ここが一番の見どころとなる。 大会は1回戦から3回戦まで原則無観客で、準々決勝以降は有観客で開催する予定。11月13日の決勝は、15年ぶりにNACK5スタジアム大宮でキックオフされる。 昌平の攻撃の中枢は、FC東京への来季加入が内定した荒井悠汰(3年)で、篠田翼(3年)とともに縦への推進力に加えて決定力も高く、相手の脅威になるサイドMF...

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
静岡学園のDF行徳瑛とMF髙橋隆大がJ1内定 J内定者一覧 【加入情報】

静岡学園MF髙橋隆大(写真=会田健司) 10月4日、静岡学園(静岡)のDF行徳瑛主将と名門の10番を背負うMF髙橋隆大がそれぞれ名古屋グランパス、ガンバ大阪へ、来シーズンから新加入することが各クラブから発表された。 行徳は空中戦に強く、静学仕込みのテクニックでボールを運べるサッカーセンス溢れるCB。高橋は小柄ながらドリブルの突破力を武器とする世代を代表するドリブラーだ。 4日時点の内定者は以下の通り。【高体連】▽昌平MF荒井悠汰(→FC東京)DF津久井佳祐(→鹿島アントラーズ)▽日体大柏FWオウイエ・ウイリアム(→柏レイソル)▽日大藤沢FW森重陽介(→清水エスパルス)▽静岡学園DF行徳瑛(→名古屋グランパス)MF髙橋隆大(→ガンバ大阪)▽履正社MF名願斗哉(→川崎フロンターレ)DF西坂斗和(→徳島ヴォルティス)▽東山MF阪田澪哉(→セレッソ大阪)▽日章学園MF金川羅彌(→テゲバジャーロ...

静岡学園
高校サッカー
Jクラブユース
{by} koko-soccer
【2023年】高校年代サッカー・プロ内定者一覧 【加入情報】

※2022年10月4日時点【高体連】▽昌平MF荒井悠汰(→FC東京)DF津久井佳祐(→鹿島アントラーズ)▽日体大柏FWオウイエ・ウイリアム(→柏レイソル)▽日大藤沢FW森重陽介(→清水エスパルス)▽静岡学園DF行徳瑛(→名古屋グランパス)MF髙橋隆大(→ガンバ大阪)▽履正社MF名願斗哉(→川崎フロンターレ)DF西坂斗和(→徳島ヴォルティス)▽東山MF阪田澪哉(→セレッソ大阪)▽日章学園MF金川羅彌(→テゲバジャーロ宮崎)▽神村学園MF大迫塁(→セレッソ大阪)【Jクラブユース】▽浦和レッドダイヤモンズユースMF堀内陽太(→浦和レッドダイヤモンズ)▽大宮アルディージャU18MF阿部来誠(→大宮アルディージャ)▽鹿島アントラーズユースMF下田栄祐(→鹿島アントラーズ)▽柏レイソルU-18FW山本桜大(→柏レイソル)MFモハマドファルザン佐名(→柏レイソル)▽ジェフユナイテッド千葉U-18DF矢口...

高校サッカー
{by} koko-soccer
評価急上昇!前期出場1試合の国士舘大DF山田裕翔が全日本大学選抜入り、本田圭佑の言葉に自身を重ねる

6月18日の前期リーグ戦最終節で初出場を果たした国士舘大DF山田裕翔(3年=正智深谷高)は、その後のアミノバイタルカップでもポジションを確保すると、関東王者として出場した総理大臣杯ではレギュラーCBとして23年ぶりの日本一へと導いた。 今夏のシンデレラストーリーはまだ続く。先日、韓国とカンボジア遠征を行った全日本大学選抜に追加招集。「候補に入ったとは聞いていたけど、呼ばれないだろうなと思っていたので、素直に嬉しかったです」。直前合流となった韓国大学選抜との定期戦へは出場はなかったが、この上ないチャンスを得た。 同選抜は韓国からカンボジア入り。U-23日本代表としてU-23カンボジア代表と親善試合を行った。山田は親善試合と別日に行った練習試合に出場。世代別代表としての出場のため、日本代表のユニフォームを着て戦うという経験もした。 カンボジア代表の実質監督を務める本田圭佑からは、後日行った練習...

国士舘大
高校サッカー
本田圭佑
{by} web.gekisaka.jp
昌平高校サッカー部 J1加入内定2選手が会見/埼玉県

杉戸町の昌平高校のサッカー部員2人がJリーグに加入することが内定し、27日、合同記者会見が開かれました。 昌平高校からJリーガーが誕生するのは、7年連続です。 昌平高校サッカー部3年の荒井悠汰選手はFC東京に、同じく3年の津久井佳祐選手は鹿島アントラーズの加入が内定しました。 2人は、中学の頃から同じチームで6年間プレーし、切磋琢磨してきました。 サッカー部の藤島崇之監督は「厳しいプロの世界でも活躍できる2人だと思うので、注目してください」と期待を寄せました。 続いて荒井選手と津久井選手が、プロへの意気込みを語りました。 2人は、全国高校サッカー選手権大会への出場をかけた最後の県大会に挑んだ後、来年1月からJリーガーとして、それぞれのチームに合流する予定です。...

高校サッカー
{by} www.teletama.jp
元日本代表・岡野雅行さんや芸人ら「野人塾」 小学生にサッカー指導

サッカー元日本代表の岡野雅行さん、サッカーが特技のお笑い芸人ディエゴ・加藤・マラドーナさんらによる「『野人塾』ジュニアサッカースクール」(朝日新聞社、県朝日会主催)が25日、秋田市のあきぎんスタジアムで開かれた。 県内各地から小学1~4年生61人が参加。岡野さんらコーチとのパス練習や駆けっこなどを通じて、サッカーの技術を学んだ。最後には岡野さんも参加してミニゲームを楽しんだ。大館市立有浦小1年の斉藤慶君(7)は「ボールの蹴り方を学ぶことができて、上手になれた」と話した。 ガイナる岡野さんーレ鳥取で代表取締役GMを務めは「どんなことにもチャレンジして、逃げずに頑張ることが大切」とアドバイスを送った。...

小学生サッカー
{by} www.asahi.com
【日本代表】旗手怜央、4歳で自転車チェーンちぎる脚力 サッカースクールの恩師が明かす秘話

約半年ぶりに日本代表に復帰したMF旗手怜央(24=セルティック)にとってエクアドル戦は代表切符を懸けた勝負の場になる。インサイドハーフ、ウイング、サイドバックまでこなす万能選手。今月に入って欧州チャンピオンズリーグ(CL)では輝きを見せる。 小学生時代に通っていた「クーバー・コーチング・サッカースクール」の小林元洋コーチ(45)が、サッカーを始めた頃の逸話を明かした。 小林コーチは旗手がサッカーを始めたばかりの小学2、3年時に指導。実は、出会う前に“うわさ”を聞いていた。 小林コーチの妻が偶然にも、旗手が幼稚園年中の時の担任だった。「自転車をこぐスピードが速すぎて、チェーンが何度も切れちゃう子がいるの」。ペダルを踏んでこぎ出す力が強すぎて、チェーンの強度が持たず次々に切れてしまう。4歳の子とは思えぬ話だ。 「ああ、この子か」。旗手がサッカーをする姿を初めて見た時、小林コーチはそんな逸話もお...

旗手怜央
{by} www.nikkansports.com
元Jリーガー中田一三が通信制高サッカー部で乗り出す夢の育成プロジェクト! 多彩な指導歴で目ざすは「仲間と一緒にやり切れる場」

保育園からJクラブまで、多彩な指導歴を持つ中田氏が、通信制高サッカー部の総監督として新たな挑戦に乗り出す。下は保育園から上はJクラブまでの指導を経験 Jリーグの京都でのトップチーム監督経験者が、全寮制の通信制高校サッカー部を率いて新しい挑戦に乗り出すことになった。 三重県中南勢地域に位置する代々木高で、新設されるサッカー部を総監督として指揮するのが中田一三氏。同県出身で四日市中央工高時代には小倉隆史、中西永輔、両氏(いずれも元日本代表)とともに三羽烏として脚光を浴び、1991年度の全国高校選手権では主将として同校を初優勝に導いた。そのままプロ入りすると、福岡、大分、仙台など6チームで13年間に渡りJリーグで活躍した。「通信制高校は、非常に時代のニーズに適した形だと思います。全寮制なので全員が早寝早起きの一定リズムで生活し、日中のフレッシュな時間帯にトレーニングが出来る。Jアカデミーや高校だ...

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
なぜラグビー経験者は社会で活躍できるのか?サッカー教育にも必要なライフスキル向上

大阪府の興國高等学校サッカー部には、プロを目指す若き才能が数多く集まる。興國高校の体育教師にしてサッカー部監督を務めるのは、自身も強豪高校で活躍した内野智章氏(初芝橋本で全国選手権ベスト4)。2006年、監督に就任すると、同校を「関西のバルセロナ」と呼ばれるほどの強豪校に成長させた。また日本代表選手・古橋亨梧を始め、この10年間で30人以上のプロ選手を輩出(Jリーガーは27人)。サッカーの技術だけでなく、高校生が高校生らしく、本来持ち合わせているべき感覚を尊重する指導法が特徴だ。今回は、サッカーを通じて選手にライフスキルを身に付けさせる指導ポリシーについて、内野監督に聞いた。(取材・文・撮影/編集者・メディアプロデューサー上沼祐樹)●トップダウンからボトムアップへと 移りつつあるサッカーの指導法 社会に出て活躍して、それなりの地位に立っている人を見渡したときに、我々世代だとラグビー部出身者...

サッカー教育
高校サッカー
{by} diamond.jp
部員300人束ねるカリスマ指導者の心構え 興國高校サッカー部 内野智章監督

練習を見守る興國高校サッカー部の内野智章監督=大阪市天王寺区(南雲都撮影) 興國高校サッカー部監督の内野智章さん(43)は、毎年のようにプロ選手を輩出する高校サッカー界のカリスマ指導者として知られている。目の前の勝利よりも将来の大成を考えた独自の理論と手法を確立し、ワールドカップ(W杯)日本代表入りが期待されるセルティック(スコットランド)の古橋亨梧(きょうご)選手も教え子の1人だ。だが、プロになれるのは、ほんのひと握り。「いくつになっても、部員たちにはサッカーを楽しんでほしい」と話す内野さんに、約300人の大所帯を束ねる心構えを聞いた。ボロカスに怒った選手ほど使う「こんなん送ってくるんですよ。ふざけてると思いません?」インタビュー取材の際に内野さんが見せてくれたスマートフォンには、1人の部員がおどけた様子で土下座する写真があった。部員と監督、コーチらで共有しているLINE(ライン)グル...

興國高校サッカー
高校サッカー
内野智章
{by} www.sankei.com