高校サッカー夏のインターハイ総括。前橋育英、帝京、昌平ほか、冬の選手権で伸びてくるチームはどこか?
{by} sportiva.shueisha.co.jp



タレントに勝負強さが加わった前橋育英


徳島県で行なわれた、高校サッカーの夏のインターハイは、前橋育英(群馬県)の13年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。


前橋育英は今シーズンが始まる前から評判が高く、高円宮杯U-18プレミアリーグ、インターハイ、高校サッカー選手権の3冠を目指せるチームと言われていただけに、今夏の結果は妥当だと言える。


では、各チームの春先から比べての変化や、今冬の高校サッカー選手権の争いはどのようになっていくのだろうか。インターハイの戦いぶりを振り返りながら、有力校の現在地を確認していきたい。


今季の前橋育英は、関係者の誰に聞いても、頭ひとつ抜けているという評価が多く聞かれた。その理由のひとつが中盤と前線にタレントを擁していた点だ。


チームの核はボランチのMF徳永涼(3年)。U-18日本代表候補に選出され、Jクラブも熱視線を送るプレーメーカーは、高校年代ではトップクラスの実力を誇る。パスを受けてよし、出してよしの俊英は攻撃面だけではなく、守備能力も高い。攻守が一体となったサッカーを標榜する前橋育英において、チームには欠かせない存在だ。


徳永の周りを固めるタレントも、高さと技術を併せ持つFW小池直矢(3年)、俊敏性が魅力のFW高足善(3年)を筆頭に実力者が揃う。今大会は1回戦から警戒され、守備を固めてくる相手に手を焼いたが、きっちりとゴールをとりきって勝利を重ねてきた。


準決勝の米子北(鳥取県)戦こそ無得点に終わったものの、守備陣が零封してPK戦で勝利。今までの前橋育英だと、圧倒的に押し込みながら一瞬の隙を突かれて失点するケースもあったが、粘り強く戦いながら勝利を引き寄せられたのは、今大会で備わった強みだろう。決勝では帝京(東京都)に対して押し込みながら最終盤までゴールを奪えなかったが、0-0で迎えたアディショナルタイムに高足が決勝弾を奪った。


今季はプレミアリーグEASTに初参戦ながら、上位争いを展開している点も大きい。高体連の強豪校やJクラブの育成組織と、毎試合のようにハイレベルな攻防を繰り広げてきた。山田耕介監督は言う。


「プレミアリーグを戦うことで、今までよりも細部にこだわれるようになった。今まであったちょっとしたずれ、(DFラインの)何mの押し上げとか、ちょっとしたパスコースとかを僕が映像で見て振り返って、選手もそれを理解できるようになったと思う」


そうした積み重ねがあったからこそ、今大会では余裕を持ってプレーできた側面がある。冬の高校サッカー選手権では追われる立場で、ライバル校からマークされる存在になるが、今大会はケガ明けでフル稼働できなかった、昨年度の日本高校選抜でプロから注目されているボランチ、根津元輝(3年)の完全復活も見込まれる。


中盤のポジション争いは今まで以上に厳しくなり、そうした競争がチームをさらに強くするはず。油断大敵だが、伸びしろは無限大だ。


守備陣に成長が見られた帝京


一方、準優勝を果たした帝京は、今大会を通じて最も力をつけたチームと言える。もともと下馬評は高く、今年の3年生は入学当初から黄金世代と言われていた面々だ。


今大会は、破竹の勢いで激戦区を登りきった。2回戦では青森山田(青森県)に1点ビハインドから2発を叩き込んで逆転勝利し、準決勝では昌平(埼玉県)を1-0で下すなど、優勝候補を軒並み撃破。一戦ごとに自信を深め、19年ぶりにファイナルの舞台へと進んだ。


テクニックに定評がある主将の伊藤聡太(3年)、プロ注目のストライカー・齊藤慈斗(3年)といった攻撃陣のタレントに目が行きがちだが、今夏の収穫は守備陣の成長だろう。大会序盤は相手の勢いに飲まれ、短時間に連続失点するケースも珍しくなかったが、準決勝では今大会屈指の攻撃力を持つ昌平を零封。決勝でもGK川瀬隼慎(2年)、センターバック(CB)大田知輝(3年)を軸に守り、前橋育英をギリギリまで追い詰めた。


日比威監督も準決勝後に「体を張って守っていた。(昌平に対して)2点ぐらいとられてもおかしくなかったけど、体を投げ出してよくやってくれたと思う」と振り返り、守備陣の奮戦ぶりに目を細めた。

しかも、今大会はコンディションが万全ではなかったCB藤本優翔(3年)など守備陣のレギュラー格が数名不在。彼らが本来の姿を取り戻せば、冬に向けて上積みが見込める。ポジション争いもさらに激化するだけに、守りがさらによくなる可能性を秘めている。

2018年度以来のベスト4入りを果たした昌平も、今夏に評価を高めたチームのひとつだ。今年の3年生はチームの育成組織にあたるジュニアユースチーム、FCラヴィーダでプレーしていた選手がほとんど。しかも中学3年時に、クラブユースU-15選手権で初出場ながらベスト8に入った世代だ。

この埼玉の強豪は、FC東京入団内定ですでにルヴァンカップでJデビューを果たしているドリブラーのMF荒井悠汰(3年)らが順調に成長を遂げ、春先から期待が高まっていた。プリンスリーグ関東1部でもJリーグチームを抑えて首位を快走。

今大会も安定した戦いを見せ、攻撃陣が大会序盤から爆発。毎試合のように複数得点を奪い、日章学園(宮崎県)との3回戦では1-2と逆転を許した状況下で後半のクーリングブレイク直後に畳み掛けて5ゴールを奪って勝利を手繰り寄せた。

守備陣も、キャプテンのCB津久井佳祐(3年)とU-17日本代表候補のCB石川穂高(2年)を軸に身体を張った守りを披露。準々決勝の大津(熊本県)戦ではGK上林真斗(3年)が好セーブを見せ、期待に応えた。

準決勝では帝京に敗れたが、昌平も冬に期待できるのは間違いない。ただ、不安材料は守備陣の再編だ。準々決勝の前半に津久井が右足首を脱臼し、外側の靭帯を断裂する大ケガを負ってしまった。3番手のCB今井大翔(3年)も負傷で今大会に出場できておらず、当面の起用は難しい。今大会はCB佐怒賀大門(2年)が津久井の穴を埋めるべく奮闘したが、初の全国制覇を見据えるのであれば選手層の拡充、底上げが急務になるはずだ。

ベスト8の大津、矢板中央も冬に向けて可能性


そのほかでは、昨年の準優勝に続いてベスト4に入った米子北(鳥取県)も堅実な戦いぶりで評価を高めた。前線からのハイプレスとリトリートする守備を使い分け、準決勝では優勝した前橋育英を零封している。PK戦で敗れたものの守備の質は今大会屈指のレベルで、冬の巻き返しは不可能ではない。


ベスト8では、大津と矢板中央(栃木県)も冬に向けて可能性を感じさせたチームだ。

大津は昨冬の高校サッカー選手権で準優勝を経験したメンバーのほとんどが卒業したため、イチからのスタート。加えて今季は1年生の大型CB五嶋夏生など、経験が浅い選手たちを積極的に起用しながら先を見据えたチーム作りも行なっていた。

そうしたなかでプロ注目FWの主将・小林俊瑛(3年)を軸に今夏は一戦ごとに成長を遂げ、ベスト8まで勝ち上がった。「今じゃないですから」とは平岡和徳総監督の言葉。冬に向け、成長の肥やしになる経験はできたはずだ。

矢板中央も、大津同様に昨季のレギュラーが多く抜けたチームだ。だが春先以降、プリンスリーグ関東1部を戦い、Bチームも同2部に参戦して昨季以上の経験を積むことができた。競争力が高まった結果、チーム力がアップ。今大会は伝統の堅守速攻とセットプレーを武器に、優勝候補の一角である東山(京都府)を撃破。全国舞台でも戦える力があることを証明した。

早期敗退組では履正社(大阪府)と東山が、冬に向けて期待を抱かせるパフォーマンスを見せていた。履正社はプロ注目のアタッカーのMF名願斗哉(3年)、スプリント能力に長けるFW古田和之介(3年)がチームを牽引し、2回戦では神村学園(鹿児島県)を2-0で撃破。相手の武器であるパスワークを封じながら、攻守一体となったサッカーで相手につけ入る隙を与えなかった。

惜しくも3回戦で湘南工科大附(神奈川県)にPK負けを喫したが、190cmの大型CB平井佑亮(3年)が大会途中に負傷しながら勝ち進めたのはプラスの材料。万全の状態で挑めていれば4強入りも現実的だっただけに、ここからの戦いぶりに注目したい。

東山はセレッソ大阪内定のMF阪田澪哉(3年)らを擁した攻撃力が評価され、優勝候補の一角に挙げられていた。今大会は3回戦で矢板中央にPK戦で敗れたが、攻撃陣の破壊力はやはり全国屈指のレベル。相手に守りを固められた際の崩し方のバリエーションを増やせれば、冬に周囲を驚かせる結果を残す可能性は決して小さくない。

青森山田の巻き返しはあるか?


今大会思うような結果を残せなかったのが、青森山田と神村学園だ。


昨季のチームが三冠を達成した青森山田は選手が大幅に入れ替わり、イチからのスタートでシーズン開幕当初から苦戦を強いられてきた。プレミアリーグEASTでは大量失点を喫するゲームも散見。「今年は難しい」と黒田剛監督も選手たちに奮起を促していた。

そして、長期離脱をしていた、主将で昨季からレギュラーを務めるCB多久島良紀(3年)が、6月に復帰したことでチーム状態が上向きに。リーグ戦でも勝ち点を積み上げ、いい形で夏の全国舞台に入ってきた。だが、結果は初戦となった2回戦で帝京に逆転負け。昨季のような勝負強さはまだ身についておらず、冬に向けて課題を残した。

同じく2回戦で姿を消した神村学園は、国内外のクラブが注目する高校ナンバーワンストライカー・福田師王(3年)と、C大阪入団内定のMF大迫塁(3年)を擁し、優勝候補の一角に挙げられていたチームだ。

しかし、今大会前に新型コロナウイルスの感染拡大の影響でトレーニングが思うように行なえず、万全な状態で大会に挑めずに敗退。自分たちのスタイルが封じられた時にいかにして戦うかといった面や、守備陣の強度に課題を残しており、新たな選手の台頭を含めてさらなるチームの強化が必要だろう。

今大会で結果を残したチームもいれば、期待に応えられなかったチームもある。もちろん、今大会に出場できなかった流経大柏(千葉県)や東福岡(福岡県)といったプレミアリーグ勢も、このまま引き下がるつもりはないだろう。未知なる新鋭校も虎視眈々と冬の活躍を狙っている。高校サッカー選手権まで約5カ月。若きサッカープレーヤーたちは冬の大舞台に向け、これからも走り続ける。


関連ニュース
「悔しさや鬱憤を全てぶつけて」ジュビロが磐田東高とのフレンドリーマッチ開催を発表。コロナでインハイ出場辞退…OBら選手たちから熱いメッセージ続々

磐田東高は2005年大会以来となるインターハイ出場決定も、新型コロナの影響で出場辞退を余儀なくされた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部) 「コロナ禍の中で致し方ないとはいえ、凄く心が痛みました」 ジュビロ磐田は8月5日、今夏に行なわれたインターハイ(全国高校総体)で出場辞退を余儀なくされた磐田東高とのフレンドリーマッチ開催を発表した。同校へ向け、OBら選手たちから続々と熱いメッセージが上がっている。 磐田東はこれまで、静岡学園や藤枝東、藤枝明誠といった強豪ひしめく静岡県予選をなかなか勝ち上がれず、全国出場を逃してきたが、今年のインターハイ予選でついに優勝。16大会ぶり2度目となるインターハイ出場の切符を掴んだ。 しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により、初戦を目前にして大会出場を辞退。これを受けて磐田は、「高校3年間という短い時間をサッカーに捧げる選手たちにとって、『全国』...

インターハイ
新型コロナ
{by} soccerdigestweb
総理大臣杯18日開幕、「暑さ対策重視」全試合ナイター開催

18日に開幕する第46回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントに先駆けて、オンライン記者会見が行われた。関東予選のアミノバイタルカップを制して優勝候補に挙げられる国士舘大の主将GK飯田雅浩(4年=青森山田高)も、「優勝はもちろん、全国大会をしっかりと楽しみたい」と意気込みを語った。 準決勝までの会場は非公開となっているが、暑さ対策として宮城県で開催。全日本大学サッカー連盟(JUFA)の櫻井友理事は「暑さ対策を重視」したと説明。会場非公開となったことについては、「ナイター設備があり、選手との動線を分ける会場の手配が難しかった」と理解を求めた。 また組み合わせ抽選についても説明。関西第2代表の大阪学院大が1回戦から登場する一方で、同第3代表のびわこ成蹊スポーツ大がシードとなったが、まずは関東第1代表、関西第1代表を両端に固定し、九州第1代表と東海第1代表にシード権、関東第1代表と関東第2代表...

総理大臣杯
{by} web.gekisaka.jp
日大藤沢、和倉ユースを制す!青森山田の3連覇を阻止 【第10回和倉ユースサッカー大会 2022】

8月10日、第10回和倉ユースサッカー大会 2022の決勝トーナメント決勝が行われた。ともに令和4年度全国高校サッカーインターハイ(総体)に出場した青森山田(青森)と日大藤沢(神奈川)が決勝で激突。試合は0-0で突入したPK戦を日大藤沢が制し見事に優勝を果たし、青森山田の3連覇を阻止した。▽グループA関東一(東京)札幌大谷(北海道)米子北(鳥取)履正社B(大阪)▽グループB桐蔭学園(神奈川)矢板中央(栃木)旭川実(北海道)ヴィッセル神戸U-18(兵庫)▽グループCJFAアカデミー福島U-18(静岡)浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)浜松開誠館(静岡)広島皆実(広島)▽グループD前橋育英(群馬)日本航空(山梨)日大藤沢B(神奈川)履正社(大阪)▽グループE桐生第一(群馬)東京ヴェルディユース(東京)鵬学園(石川)鹿児島実(鹿児島)▽グループF横浜FCユース(神奈川)武南(埼玉)星稜(石川)...

和倉ユース
第10回和倉ユースサッカー大会
{by} koko-soccer
第101回全国高校選手権の応援リーダーは中村俊輔!「すぐに『やらせて頂きたい』と返事をしました」

横浜FCに所属するMF中村俊輔 日本テレビは9日、第101回全国高校サッカー選手権大会の応援リーダーが横浜FCの元日本代表MF中村俊輔(44)に決定したことを発表した。 桐光学園高出身の中村は、2年生だった第74回大会で初めて全国大会に出場。3年次の第75回大会では10番を背負い、チームを準優勝に導いた。高校卒業後は横浜F・マリノスをはじめとする国内外の複数クラブでプレーし、日本代表としても活躍。2019年7月から横浜FCに所属している。 今大会は12月28日に開幕し、来年1月9日に決勝が行われる予定。前回大会に続き、今回も新型コロナウイルスの感染拡大に配慮して開催準備が進められる。 中村は応援リーダー就任にあたり、「応援リーダーのことは知っていました。純粋に嬉しかったです。すぐに『やらせて頂きたい』という返事をしました」と喜びのコメント。自身にとっての高校サッカーを「練習をすれば絶対...

第101回全国高校選手権
中村俊輔
{by} web.gekisaka.jp
青森山田が3連覇に王手!決勝で日大藤沢と激突 【第10回和倉ユースサッカー大会 2022】

8月9日、第10回和倉ユースサッカー大会 2022の決勝トーナメント準々決勝と準決勝が行われた。 3連覇を狙う青森山田(青森)はPK戦の末に日体大柏(千葉)を下し決勝進出を決めた。準決勝もう1試合では、日大藤沢(神奈川)と東山(京都)が対戦し、1-0で日大藤沢が勝利し優勝に王手をかけた。なお、決勝は10日に行われる。▽グループA関東一(東京)札幌大谷(北海道)米子北(鳥取)履正社B(大阪)▽グループB桐蔭学園(神奈川)矢板中央(栃木)旭川実(北海道)ヴィッセル神戸U-18(兵庫)▽グループCJFAアカデミー福島U-18(静岡)浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)浜松開誠館(静岡)広島皆実(広島)▽グループD前橋育英(群馬)日本航空(山梨)日大藤沢B(神奈川)履正社(大阪)▽グループE桐生第一(群馬)東京ヴェルディユース(東京)鵬学園(石川)鹿児島実(鹿児島)▽グループF横浜FCユース(神奈...

和倉ユースサッカー
第10回和倉ユースサッカー大会
{by} koko-soccer.com
なぜ高校サッカーは面白く"なれない"のか|彼らなくして日本サッカーは成り立たない。

日本の高校サッカーの規模は世界にも類を見ないほどに大きい。 世間からの人気度こそ甲子園には劣るが、毎年の冬の選手権では初戦から多くの観戦者がスタジアムに足を運び、決勝戦は埼玉スタジアムが埋め尽くされるほどだ。(昨年の決勝の来場者数は56025人)このように華やかで活気的な部活動ではあるが、その高校サッカーでの「普通なこと」が高校サッカーを面白くなくする原因であり、そして日本サッカーの人気度の向上を停滞させているその普通なこととは「部員数過多」である。普通の人でも、強豪校などは部員が多いという認識があるかもしれない。しかし、この高校サッカーでありがちなことが、世界と比べると「普通ではない」こと、ましてや「異常である」ことに私達は目を向けるべきだ。部員が多すぎることには多くのデメリットが隠れていて、日本サッカーのレベルの向上だけでなく"サッカー"というスポーツの社会的役割にも影響を及ぼす。 今...

高校サッカー
{by} note.com/cymru_jp
「“根性は絶対に負けない”と叩き込まれた」増嶋竜也が市船時代を振り返る。天皇杯マリノス戦で退場の真相は…

写真:田中研治 高1時のDFコンバートで才能が開花 元日本代表MFの鈴木啓太氏が8月5日、自身のYouTubeチャンネルで最新コンテンツを投稿。柏レイソルやジェフユナイテッド千葉などでDFとして活躍した増嶋竜也氏がゲスト出演し、高校時代などについて語った。 小学校2年の時に兄の影響でサッカーを始めた千葉出身の増嶋氏。小学校時代にFWとして関東選抜に選ばれたが、千葉のジュニアユースはセレクションで不合格となり、地元の中学校でプレー。引き続き関東選抜には選ばれていたものの、チームとしては思うような結果を残すことができなかったという。 高校の進路では、名門・市立船橋のセレクションを受けたが不合格。猛勉強の末、一般入試で入学した。当時の市船の練習は「THE根性」「目の前のやつに絶対に負けるな。“根性は絶対に負けない”と叩き込まれました」と回想。鈴木氏は「あの市船が!?」「THE高校サッカーなんだ...

増嶋竜也
鈴木啓太
高校サッカー
{by} soccerdigestweb
【加入情報】2023年高校年代のサッカープレーヤー内定者一覧

※2022年8月2日時点【高体連】▽昌平MF荒井悠汰(→FC東京)▽東山MF阪田澪哉(→セレッソ大阪)▽神村学園MF大迫塁(→セレッソ大阪)【Jクラブユース】▽川崎フロンターレU-18DF高井幸大(→川崎フロンターレ)DF松長根悠仁(→川崎フロンターレ)MF大関友翔(→川崎フロンターレ)▽ヴァンフォーレ甲府U-18FW内藤大和(→ヴァンフォーレ甲府)▽セレッソ大阪U-18FW北野颯太(→セレッソ大阪)▽ヴィッセル神戸U-18MF安達秀都(→ヴィッセル神戸)DF寺坂尚悟](→ヴィッセル神戸)FW冨永虹七(→ヴィッセル神戸)▽サガン鳥栖U-18MF福井太智(→サガン鳥栖)▽大分トリニータU-18MF保田堅心(→大分トリニータ) MF佐藤丈晟(→大分トリニータ)...

高校サッカー
{by} koko-soccer
和倉ユースがあす開幕 【第10回和倉ユースサッカー大会 2022】

8月6日、第10回和倉ユースサッカー大会 2022が開幕を迎える。 大会は、4チームごとの予選リーグを行い、各組1位と2位中上位4チームの決勝トーナメントで優勝チームを決める。組み合わせは以下の通り。▽グループA関東一(東京)札幌大谷(北海道)米子北(鳥取)履正社B(大阪)▽グループB桐蔭学園(神奈川)矢板中央(栃木)旭川実(北海道)ヴィッセル神戸U-18(兵庫)▽グループCJFAアカデミー福島U-18(静岡)浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)浜松開誠館(静岡)広島皆実(広島)▽グループD前橋育英(群馬)日本航空(山梨)日大藤沢B(神奈川)履正社(大阪)▽グループE桐生第一(群馬)東京ヴェルディユース(東京)鵬学園(石川)鹿児島実(鹿児島)▽グループF横浜FCユース(神奈川)武南(埼玉)星稜(石川)興國(大阪)▽グループG日大藤沢(神奈川)浦和南(埼玉)四日市中央工(三重)大津(熊本)▽...

和倉ユース
{by} koko-soccer
クラブユース選手権(U-18)はC大阪U-18の優勝で幕 MVPはDF川合陽 【第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 】

8月3日、第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝、セレッソ大阪U-18(大阪)対横浜F・マリノスユース(神奈川)が行われた。 両チーム譲らず、1-1で延長戦を迎えると、その前半終了間際、CKからDF川合陽がヘディングを叩き込み、セレッソ大阪U-18が逆転に成功。さらに延長後半に横浜ユースの猛攻を受けるもこれを凌ぎ切り、終盤にMF中山聡人の追加点で突き放してみせた。3-1で見事に勝利を収め、13年ぶりの優勝を果たした。【最終順位】優勝:セレッソ大阪U-18(大阪)準優勝:横浜F・マリノスユース(神奈川)3位:横浜FCユース(神奈川)、柏レイソルU-18(千葉)【フェアプレー賞】柏レイソルU-18(千葉)【得点王】6得点山本桜大(柏レイソルU-18)【MVP】川合陽(セレッソ大阪U-18)【MIP】内野航太郎(横浜F・マリノスユース)...

クラブユース選手権(U-18)
セレッソ大阪U-18
{by} koko-soccer