来季の10番候補が中学生!? 昌平高校サッカー部はなぜ強豪になれたのか…藤島監督が語る部活動の限界「6年強化の流れは加速していく」
{by} soccerdigestweb

昌平高校の下部組織にあたるFC LAVIDA(ラヴィーダ)に所属するMF山口豪太。今年3月のJヴィレッジカップでは、当時中学2年生ながら高校チームの10番を背負った

 

 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ関東の第2節。埼玉の強豪・昌平高校は、試合終盤に中学3年生のMF山口豪太をピッチに送り込んだ。

 

 同校の下部組織にあたるFC LAVIDAに所属する山口は「来年度チームの10番候補」と言われている逸材だ。卓越したボールコントロールと切れ味の鋭いドリブル、そして精度の高い左足のキックは、通用するどころか、この日の対戦相手・帝京高校(東京)にとっても脅威となっていた。

 

 現在チームの10番を託され、すでにJ1・FC東京への内定を発表しているMF荒井悠汰(3年)は、「後ろを見たらすぐに(山口)豪太がいる。いつ彼にポジションや10番を取られるか分からない緊張感があります」と3つ下の後輩に対して危機感を募らせる。それほどチーム内の競争が激しくなっているという証だろう。

 

強豪校の仲間入り、Jリーガーも多く輩出

 

 その“競争”が物語るように、近年の高校サッカー界における昌平高校の存在感は年々増している。2008年のサッカー部強化元年から6年目の13年度に埼玉県の新人戦で初優勝を果たすと、翌年の選手権に初出場。16年のインターハイでは初出場で全国ベスト4に輝くなど、一気に強豪校の仲間入りを果たした。

 

 また、16年度に同校初のJリーガーとなるMF松本泰志(広島)とMF針谷岳晃(磐田→北九州)を輩出すると、そこから毎年のようにプロ入りする選手が誕生。一昨年度はMF須藤直輝、MF小川優介(ともに鹿島)、MF柴圭汰(福島)、FW小見洋太(新潟)の4人が同時にJリーグ入りを果たした。

 

 一方のFC LAVIDAも、チーム2度目の出場となった昨年度の高円宮杯全日本ユースU-15で初めて決勝に進出。サガン鳥栖U-15に1−4と敗れたが、Jクラブユースが上位を独占する中で残した準優勝という成績は大きな衝撃を与えた。

 

このチーム強化の裏には、昌平の「6年強化」がある。

 

 現在、昌平高校で事務長(学校法人昌平学園 法人本部事務局長)も務めるサッカー部監督の藤島崇之が下部組織「FC LAVIDA」を立ち上げたのは2012年。「選手たちを育てる指導者の存在が不可欠」(藤島監督)と創設したのが始まり。“良い素材”を集めるだけでなく、指導者の育成という二軸の観点でジュニアユースチームが誕生した。

 

 近年の高校サッカー界でも「6年強化」は珍しくなく、青森山田(青森)や神村学園(鹿児島)、静岡学園(静岡)、日章学園(宮崎)などが全国屈指の強豪中学として知られてきた。昌平も同じ中高一貫校だが、特筆すべきは山口をはじめとするFC LAVIDAの選手の大半が昌平中学に在籍していないことだ。

 

 中高一貫校を持ちながら、部活ではなく、クラブチーム化したことでより多くの地域の子どもたちを巻き込んだ強化を実現。現在では近隣の中学校からだけでなく、関東近郊から昌平高校でのプレーを見越してFC LAVIDAの門を叩く中学生も在籍しているという。

 

JFA主催のリーグ戦には出場可能

 

 早くからその才能が開花した選手が山口のように、1つ上のレベルでプレーできる環境はJリーグユースさながら。インターハイや高校サッカー選手権といった高体連の試合に出場することはできないが、日本サッカー協会主催のリーグ戦(プレミアリーグ、プリンスリーグ、都道府県リーグ)では高校年代の試合に飛び級での出場が可能。昌平とFC LAVIDAはこの制度を活用し、早いうちからレベルの高い環境でのプレー機会を与えてきたというわけだ。ちなみに前述した現10番の荒井も中学時代から高校の練習に参加するなど高いレベルでの活動を経験したことが飛躍のきっかけにつながっている。

 

 昌平の他にも帝京長岡と長岡JYFC(新潟)など強化に成功しているケースがあるが、こうした組織がつくられた背景に、1つの社会問題が影響していると藤島監督は語る。

 

「6年強化の流れは今後も加速していくでしょう。そこには『部活動の限界』があります。中学のサッカー部として活動する場合は、一定数の学校教員が必要になりますし、外部コーチを雇いづらい問題が生まれます。それに中学のサッカー部として特待生を取るのか、取らないかという学校経営の判断にも直結する。そこには、それぞれの学校の方針があるので、必ずしも『強化したほうがいい』という選択になるとは限りません」

 

 先日、スポーツ庁が主導する「公立中学校の運動部活動改革」が報じられた。2025年までに中学の部活を民間委託し、顧問など教員の土日における負担を軽減させる案が出されたというもの。それは昌平のような私立中学も直面する課題だろう。さらに、スポーツに注力しやすい高校とは違い、入試を要する私立中学の場合は学力重視の方針を掲げる学校やそれを望む生徒が多い。藤島監督が語った課題をクリアしてまで特定の部活動を強化することは、決して容易なことではないのだ。

 

 そこで、高校サッカー部の強化を見据えた藤島監督が行動に移したのは、「部活動ではなく、地域体育としてのハブの役割」を担うことだった。

 

 中学校の部活とは別の組織を構築することは、垣根を越えた選手集めを実現するだけでなく、練習拠点も学校のグラウンドと施設を活用できるメリットがあった。

 

 また、藤島監督をはじめ3名の教職員以外のコーチ(指導者)や運営スタッフの雇用はすべてFC LAVIDA採用で確保した。FC LAVIDAの村松明人監督が高校のヘッドコーチを兼任するように、クラブに雇われたコーチ陣は中学生から高校生まですべてのカテゴリーに携っており、2020年11月に創設した小学5、6年生を対象としたエリートスクールまで、幅広い世代を兼任しながら指導に当たっている。

 

「多くの指導者に触れる機会を」

 

 こういった複数の課題をクリアしながら、高校サッカー部の強化に繋げてきた藤島監督は、感受性の高い思春期の時間に多くのスタッフの指導に触れることは人格形成においても重要だと語る。

 

「6年間を通じてなるべく多くの指導者に関わってもらうことで、価値観も養えるし、各学年1人、1人にきめ細やかに目を配ることができます。選手たちはいろんな視点、意見を学びながら、自己発見をして成長をしていくことができると思っています」

 

 こうした組織づくりではトップダウン的な指導になる例も少なくないが、指導者同士の交流が盛んなこと、そしてフィードバックの機会を必ず設ける仕組みは、サッカーにおけるトレンドにも柔軟に対応できるようになったという。

 

「(FC LAVIDA創設から)10年経ちますが、その間でも多くの変化がありました。一番は『サッカーの変化』です。世界的に見ても戦術、戦略の面は日進月歩で、柔軟性を持たないと置いていかれてしまう状況にあります。凝り固まったサッカーのスタイルはその時の流れにハマれば良いですが、ハマらないとギャップを生み出してしまいます。変に組織のコンセプトなどにガチガチに固められるのではなく、時としてそれと違うことを伝えたほうがプラスのこともあると思います。

 

 だからこそ、『サッカーはこうあるべき』というような凝り固まった考え方を養うのではなく、組織全体がプラスになる変化を受け入れる柔軟性を持ち続けることが、継続的に組織として発展したり、良い選手を育てていく肝になると思っています」

 

「将来的には総合型クラブに」

 

 Jリーグが加盟条件として下部組織の創設を義務付けたことで高校サッカー界もアップデートを余儀なくされた。少子化が進む社会では、学校教育にもさらに変化が訪れるだろう。

 

 そういう時代背景の中で行われた昌平とFC LAVIDAの取り組みは、育成アプローチだけでなく、組織(学校)と地域社会との連携、雇用の創出という多角的な視点を提示している。「部活動の限界」が迫っているからこそ、高校サッカー界から現状打破と育成ロールモデルの構築の足がかりを作っていきたいと藤島監督はビジョンを明かす。

 

「将来的にはサッカーだけではなく、陸上をはじめ、その他のスポーツを含めた総合型クラブとしてやっていけたらいいなと思っています」

 

 中学生が高校生の試合に出場するという事実から見えた新たな部活のあり方。10年前に始まったチャレンジが、実を結び始めている。

 

関連ニュース
インハイ女子の組み合わせが決まる 【令和4年度全国高校サッカーインターハイ(総体)女子】

6月25日、16校が出場する令和4年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(女子)の組み合わせが決まった。 大会は7月26日に徳島県内で開幕。夏・冬連覇の神村学園(鹿児島)は鹿島学園(茨城)と、前回大会準優勝の藤枝順心(静岡)は地元の鳴門渦潮(徳島)と初戦を戦う。なお、決勝は30日に徳島市球技場第1競技場で開催される。 ▽令和4年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(女子)令和4年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(女子) 1回戦 2022.07.26 09:15 神村学園-鹿島学園 2022.07.26 09:15 常盤木学園-日本航空 2022.07.26 09:15 徳島商-十文字 2022.07.26 09:15 東海大福岡-福井工大福井 2022.07.26 11:30 AICJ-道文教大附属 2022.07.26 11:30 大商学園-尚志 ...

高校サッカー
{by} koko-soccer
インターハイ(全国総体)サッカー競技男子歴代優勝校 【令和3年度全国高校総体(インターハイ)】

桐光学園高校、 インターハイ初優勝 【全国高校総体男子サッカー競技歴代優勝校】 1966年:藤枝東(静岡)1967年:浦和市立(埼玉)1968年:秋田商(秋田)1969年:浦和南(埼玉)1970年:浜名(静岡)1971年:藤枝東(静岡)1972年:清水東(静岡)1973年:児玉(埼玉)1974年:浜名(静岡)1975年:韮崎(山梨)1976年:帝京(東京)1977年:島原商(長崎)1978年:北陽(大阪)1979年:水戸商(茨城)1980年:清水東(静岡)1981年:清水東(静岡)1982年:帝京(東京)1983年:四日市中央工(三重)1984年:四日市中央工(三重)1985年:九州学院(熊本)1986年:国見(長崎)1987年:市立船橋(千葉)1988年:市立船橋(千葉)1989年:清水市立商(静岡)1990年:清水市立商(静岡)1991年:清水東(静岡)1992年:徳島市立(...

インターハイ
高校サッカー
全国高校総体
{by} koko-soccer
鹿島学園 鈴木雅人監督「出てきた課題を修正して、全国でもしっかり戦いたい」

6月25日、高円宮杯 JFA U−18サッカープリンスリーグ2022 関東1部第7節1日目が開催され、帝京(東京)と鹿島学園(茨城)が対戦した。試合は帝京が前半に5点を奪う猛攻を見せ5-0で勝利した。 死闘となった明秀日立とのインターハイ茨城予選決勝から中5日、猛暑と強い風が吹くコンディションの中でのゲームとなったが、鹿島学園の鈴木雅人監督は試合後「前半は0-5、後半は0-0。前半から“後半のように頑張ってくれたら”という思いもありますけれども、疲れもあったし、こういうこともあるので、逃げずに向き合って、しっかり修正してまた頑張っていきたい」とコメント。 ハーフタイムでの指示については「特別細かい指示は出さずに、自分たちで行かせた部分もあったんですけれども、メンタル的に少し受けてしまったところがあったと思うので、“受けに回らずにしっかり前から行こうよ”と送り出しました。なんとか少し...

鹿島学園
鈴木雅人監督
高円宮杯
{by} koko-soccer
「尊敬」するコーチの助言も力に。市立船橋左SB北川礁はプレーの幅広げ、コンスタントに活躍中

[6.26 高円宮杯プレミアリーグEAST第10節 市立船橋高 2-1 大宮U18 高円宮記念JFA夢フィールド Aピッチ] シーズン開幕時の登録はFW。市立船橋高(千葉)の北川礁(3年=東急SレイエスFC出身)は今季、この日も務めた左SBや3バックの左でプレー、インターハイ予選ではボランチとして優勝に貢献した。武器はその万能性と左足キックの精度。加えて、試合を重ねながら守備の感覚を掴み、レベルアップしている。 この日の前半は大宮U18の攻めどころとなっていたMF種田陽(2年)を味方との連係で封じ、ボールを運ぶドリブルや縦パスで攻撃の起点に。後半はポジション変更した種田とのマッチアップはなくなったが、集中力を切らさずに守り、個でボールを奪い取っていた。 市立船橋は球際、切り替え、運動量が三原則。「そこが全て。あとは個でどれだけ守れるか、どれだけ攻めれるか」と北川はいう。味方のサ...

高円宮杯
{by} web.gekisaka.jp
【JFAストライカーキャンプ】JFAストライカーキャンプ参加メンバー16人が発表

6月24日、日本サッカー協会(JFA)は7月1日から3日にかけて時之栖で行うJFAストライカーキャンプに参加するメンバー16人を発表した。 【スタッフ】 ▽コーチ城和憲(日本サッカー協会 JFAコーチ)手倉森浩(日本サッカー協会 JFAコーチ) ▽ゲストコーチ玉田圭司(V.ファーレン長崎)平山相太(筑波大学) ▽GKコーチ加藤好男(日本サッカー協会 JFAコーチ) ▽フィジカルコーチ村岡誠(日本サッカー協会 フィジカルフィットネスプロジェクト)中村大輔(日本サッカー協会 フィジカルフィットネスプロジェクト) 【選手】 ▽FP塩尻哲平(セレッソ大阪 西U-15)原櫻太(ファジアーノ岡山U-15)和久井博斗(ながいユナイテッドフットボールクラブ)原田蓮太郎(サガン鳥栖U-15)増村凌久(ロアッソ熊本ジュニアユース)伏原俐空(神村学園中)梶浦瑛太(レノファ山口FC U...

JFAストライカーキャンプ
JFA
{by} koko-soccer.com
厳しさといたわりで古豪を率いた名将・磯貝純一監督

全国高校サッカー選手権出場は、武南と同数の最多14度で、優勝回数も埼玉県勢として最も多い4度を数える。そんな古豪の浦和市立高(現・市立浦和)サッカー部を率いた磯貝純一先生が、昨年9月9日に亡くなった。83歳だった。 市立浦和高サッカー部は、1946年(昭和21年)に永田養三監督が立ち上げた。52年からは、東京大学の最強時代に活躍した鈴木駿一郎監督が指揮を執り、オープン攻撃(現在のサイドアタック)を採用。12年間指導し、全国高校選手権と国民体育大会を2度ずつ制し、全国に浦和市立の名を知らしめた。 日本代表では主将も務め、国際Aマッチ63試合に出場。日本リーグで260試合連続出場という大記録を達成した落合弘氏は、鈴木監督の薫陶を受けたひとりである。 三代目の磯貝監督は65年4月に着任し、99年3月まで長きにわたって名門校の指導に当たった。 就任2年目の66年度のチームは、初開催...

全国高校サッカー選手権
磯貝純一監督
{by} koko-soccer
クラブユース選手権U-18のグループリーグの組み合わせが決定 【第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会】

6月20日、各地区予選を勝ち抜いた32チームが出場する第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会のグループリーグの組み合わせが決定した。 同大会は7月24日にグループリーグが開幕し、8月3日に正田醤油スタジアム群馬で決勝が開催される。 ▽Aグループサガン鳥栖U-18名古屋グランパスU-18鹿島アントラーズユース湘南ベルマーレU-18 ▽Bグループ横浜FCユースセレッソ大阪U-18モンテディオ山形ユースアビスパ福岡U-18 ▽Cグループヴィッセル神戸U-18サンフレッチェ広島ユース東京ヴェルディユース浦和レッズユース ▽Dグループ大宮アルディージャU18京都サンガF.C.U-18アルビレックス新潟U-18レノファ山口FC U-18 ▽Eグループ川崎フロンターレU-18大分トリニータU-18ジェフユナイテッド千葉U-18ツエーゲン金沢U-18 ▽Fグルー...

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会
{by} koko-soccer
市立船橋が取り戻したプライドと安定感!”15度目の優勝”を弾みに3大会ぶり全国へ

市立船橋は令和4年度全国高校サッカーインターハイ(総体)千葉予選の決勝で日体大柏を下し、15度目の大会制覇。3大会ぶり29回目の全国出場を決めた。 激戦区の千葉を勝ち抜いたその戦いぶりは見事だった。 八千代とのラウンド16(2-1)では立ち上がりの劣勢をはね返すと、MF丸山侑吾(3年)とMF白土典汰(2年)のゴールで勝ち越し。中央学院との準々決勝(6-0)では前半の3得点で満足せず、後半に3点を追加して圧倒。2得点ずつのFW郡司璃来(2年)とFW渡邉慎和ムセマ(3年)に加え、FW青垣翔(3年)、MF森駿人(2年)が結果を残した。 習志野との準決勝(2-0)では相手に主導権を渡さないまま完封勝利。郡司と渡邉は2戦連続弾と決定力の高さを示した。 延長戦に及んだ日体大柏との決勝では、最後まで流れのなかから得点を許さなかった。相手の強力なアタッカー陣に対し、DF藤田大登(3年)、D...

令和4年度全国高校サッカーインターハイ
高校サッカー
市立船橋
{by} koko-soccer
羽中田監督「このチームはもっともっと強くなる」山梨学院が優勝した18年度大会以来のインターハイへ

[6.19 インターハイ山梨県予選決勝 山梨学院3-0駿台甲府 韮崎中央公園陸上] 令和4年度全国高校総体(インターハイ)「躍動の青い力 四国総体 2022」男子サッカー競技山梨県予選の決勝が19日に行われ、山梨学院高が駿台甲府高を3-0で退け、優勝した2018年度大会以来となる6度目のインターハイ本戦出場を決めた。 気温30度を超えるピーカンでキックオフしたかと思えば、後半が始まるころには一転して曇天模様。一気に雷雨へと変わり、後半5分から約15分間の中断を挟むなど、波乱を予感させた。しかし山梨学院は最後まで集中力を切らすことなく、完勝。今年度より新指揮官に就任した羽中田昌監督も「このチームはもっともっと強くなる」と秘める可能性に太鼓判を押した。 前半から山梨学院がボールを保持しながらゲームを進めたが、駿台甲府の組織的な守備を崩すことが出来ない。今季より取り組む4-3-3の両...

山梨学院
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
日韓定期戦に臨む全日本大学選抜メンバー発表!25日17時キックオフ

全日本大学サッカー連盟(JUFA)は17日、第19回大学日韓定期戦に出場する全日本大学選抜のメンバーを発表した。 全韓国大学選抜との定期戦は3年ぶりの開催。25日にレモンガススタジアム平塚で17時にキックオフする。 ▽GK1 飯田雅浩(国士舘大4年=青森山田高)12 近藤壱成(法政大4年=磐田U-18) ▽DF2 奥田勇斗(桃山学院大3年=G大阪ユース)3 岡哲平(明治大3年=FC東京U-18)4 相澤佑哉(駒澤大4年=熊本ユース)5 中野就斗(桐蔭横浜大4年=桐生一高/広島内定)13 三浦颯太(日本体育大4年=帝京高/甲府内定)16 速水修平(常葉大4年=磐田U-18)18 高木践(阪南大3年=阪南大高)19 関根大輝(拓殖大2年=静岡学園高) ▽MF6 オナイウ情滋(新潟医療福祉大4年=正智深谷高)7 泉柊椰(びわこ成蹊スポーツ大4年=神戸U-18/神戸内定)11 齊藤...

全日本大学選抜
JUFA
{by} web.gekisaka.jp