FC東京内定レフティや198センチの超大型“DFW”らを要チェック! 2022高校サッカー逸材300選~関東編
{by} soccerdigestweb

鹿島学園の上田綺世に続く存在とは?

 

左から森重(日大藤沢)、荒井(昌平)、大川(流経大柏)、入江(帝京)。関東地域の高校から注目すべきタレントを紹介する。写真:吉田太郎

 

 昨年は青森県の強豪・青森山田が高円宮杯プレミアリーグEAST、夏のインターハイ、冬の選手権で頂点に輝き、3冠を達成。高校サッカー界に旋風を巻き起こした。今季は4月にプレミアリーグ、プリンスリーグが開幕。また7月24日に開幕予定の全国高校総体へ向け、すでに地域によっては予選を戦っているチームもある。

 

 熾烈な争いのなかで、どんな逸材が頭角を現すのか。本稿では、今後プロ内定を勝ち取りそうな大注目のプレーヤーや、春先から一気に評価を高めている上昇株、知られざるダイヤの原石など、編集部が厳選した300人の注目選手を紹介する。最後となる今回は、関東編だ。

 

――◆――◆――

 

※実績の表記は下記の通り。
U-00=年代別日本代表(2020年~2022年実績)、高校選抜=日本高校選抜

 

【関東】
No.226
MF
林結人(鹿島学園/3年/174センチ)
プレースタイル:チャンスメーカー
鹿島学園OBのFW上田綺世(鹿島)に続く存在と期待されるナンバー10。上田同様、トレーニングから周囲との違いを見せ、試合では抜群のキープ力とアイデアあるパス、シュートで試合を決める。大舞台での勝負強さも魅力だ。

 

No.227
MF
田邉海斗(矢板中央/3年/179センチ)
プレースタイル:ダイナモ
「チームを鼓舞しながら勇気づけるプレーや、身体を張るプレーを自分はできるのかなと思います」と語る矢板中央の新リーダー。ねじ伏せるようにボールを奪い、推進力を持って中央から相手の守りを壊すこともできるボランチだ。

 

No.228
MF
徳永涼(前橋育英/3年/176センチ)
プレースタイル:司令塔
実績:U-17高校選抜
昨年からチーム伝統の「14」を背負って存在感を放つボランチは、ピッチを俯瞰しているかのように味方と相手選手の位置、そしてスペースを掌握。一手二手先を読んでインターセプトし、ボールを失わずに繋いで攻撃の中心となる。

 

No.229
MF
根津元輝(前橋育英/3年/175センチ)
プレースタイル:ダイナモ
実績:高校選抜
高校選抜のボランチは、幼い頃から元日本代表MF中田英寿氏のプレー集をチェック。背筋を伸ばした姿勢で視野を確保し、球際の攻防で「倒れないこと」を意識する。昨年はより前へ向かう動きが向上。ピッチを力強く駆け回る。

 

流経大柏の主将を務める逸材クロッサー!

 

No.230
MF
荒井悠汰(昌平/3年/174センチ)
プレースタイル:チャンスメーカー
実績: FC東京内定、U-17候補、U-19候補、高校選抜
今年2月にFC東京加入内定。ルヴァン杯でトップデビューも果たした逸材レフティだ。重厚感ある肉体と巧みなボールタッチから繰り出すドリブル、スルーパスで相手の守りを破り、左足のシュートをゴールに突き刺す。

 

No.231
DF
津久井佳祐(昌平/3年/180センチ)
プレースタイル:ディフェンスリーダー
実績:U-17高校選抜
藤島崇之監督が「やられそうでやられない」と評するDFリーダー。特別な身体能力がある訳ではないが、常に先読みして相手の攻撃を封じ、高精度のフィードと運ぶドリブルで攻撃の起点となる。U-17高校選抜を経験し、自信も。

 

No.232
MF
松原史季(武南/2年/162センチ)
プレースタイル:チャンスメーカー
実績:U-16候補
1年時から伝統校の10番を背負い、U-16代表候補にも選出された。身長は160センチほどだが、「それを不利と捉えない」ときっぱり。質の高いボールタッチからDFの前に潜り込むドリブル、ラストパス、シュートでゴールを生み出す。

 

No.233
DF
大川佳風(流経大柏/3年/169センチ)
プレースタイル:クロッサー
実績:U-17候補、U-18候補、U-17高校選抜
昨年は初招集されたU-17代表候補合宿でアピールし、1歳年上のU-18代表候補へ“個人昇格”。攻撃性能の高さが特長で、今年のデンチャレでは大学のトップ選手をスピードでぶち抜くシーンも。主将として強い流経を「取り戻す」。

 

No.234
DF
都築駿太(流経大柏/3年/170センチ)
プレースタイル:ダイナモ
実績:U-17高校選抜
SB、SH、ボランチでもハイレベルなプレーが可能な万能型。特にSBで見せる抜群のスピードを活かした攻撃参加と技術力の高さ、対人守備の強さがその評価を高めている。U-17高校選抜でも活躍。目標は「選手権で優勝」だ。

 

No.235
FW
郡司璃来(市立船橋/2年/173センチ)
プレースタイル:チャンスメーカー
実績:U-16候補
「ドリブルや自分の得意なところを出して、違いを見せていきたい」と誓う名門の2年生エース。安定感はこれからだが、持っている感覚は異質と言えるモノだ。DFの重心の逆を突くドリブルとシュートで流れを一変させる。

関東トップクラスの対人能力を持つ桐光学園CBは必見!

 

No.236
FW
オウイエ・ウイリアム(日体大柏/3年/190センチ)
プレースタイル:ポストワーカー
190センチの長身と跳躍力、チーム屈指のスピード、そして川崎の育成組織で磨いてきた止める・蹴るも武器とする大器だ。もともとCBやSBだったが、中盤、そしてFWへ。柔らかなパスで局面を変え、高打点ヘッドでゴールを破る。

 

No.237
DF
大磯竜輝(中央学院/3年/185センチ)
プレースタイル:ディフェンスリーダー
高校進学後に身体の柔らかさと跳躍力を向上させ、「負けられない」というヘッドはより強烈な武器になっている。技巧派軍団で足もとのスキルもレベルアップ。下級生時からJクラブが関心を寄せていたという注目ストッパーだ。

 

No.238
DF
入江羚介(帝京/3年/181センチ)
プレースタイル:クロッサー
実績:U-16候補、U-19候補
長身左SBの対角の左足キックやビルドアップ力はスペシャル。1つのミスから原因を追求、改善することを繰り返し、プレーヤーとしても人としても大人になってきた。怪我離脱中の期間も成長に繋げて、秋冬に大暴れする。

 

No.239
FW
本間凜(関東一/3年/180センチ)
プレースタイル:ラインブレーカー
実績:U-17高校選抜候補
自身の特長として運動量を挙げ、「何度も裏抜け、守備のプレスバックをする」FWは、選手権予選で4戦連発、全国大会でも貴重なゴールを決めて3位に貢献。チームの中心選手、注目選手として臨む今季、必ず国立へ戻る。

 

No.240
DF
豊田怜央(桐光学園/3年/174センチ)
プレースタイル:潰し役
実績:U-17高校選抜
対人能力とカバーリング能力の高さは、関東トップクラス。昨年までのボランチから、今年は3バックの中央として堅守・桐光学園の守りを強固なものにしている。相手をねじ伏せるようにボールを奪い取り、攻撃の起点に。

 

No.241
FW
森重陽介(日大藤沢/3年/198センチ)
プレースタイル:ポストワーカー
身長198センチ、魅惑の“DFW(ディフェンシブ・フォワード)”だ。東京Vのアカデミー出身で、その高さは攻守両面で対戦相手の脅威に。スカウト陣が「あのサイズで動ける」と評価するように、ストライドの大きなランニングによる抜け出しやヴェルディ仕込みのキックも魅力の大器だ。

 

関東編|その他の注目選手リストPart.1はこちら!

 

【その他の注目選手Part.1】

※表記は左からNo. 、ポジション、名前(所属/学年/身長)、タイプ、実績

242 GK 中嶋一稀(霞ヶ浦/3年/190センチ) 守備的GK
243 GK 関根拓郎(武蔵越生/3年/183センチ) 守備的GK
244 GK 木村航大(成徳深谷/3年/176センチ) ビッグセーバー
245 GK デューフエマニエル凛太朗(流経大柏/3年/189センチ) 守備的GK U-17候補
246 GK 鈴木健太郎(成立学園/3年/184センチ) ビッグセーバー
247 GK 鈴木蓮也(三浦学苑/3年/183センチ) 守備的GK
248 GK 清水大暉(韮崎/3年/191センチ) 守備的GK
249 DF 櫻井稜(鹿島学園/3年/178センチ) スピードスター U-16候補
250 DF 木村匠汰(矢板中央/3年/180センチ) エアバトラー
251 DF 石原翼(桐生一/3年/171センチ) ダイナモ
252 DF 長谷川智紀(西武台/3年/179センチ) ディフェンスリーダー
253 DF 重信有佑(武南/3年/170センチ) 潰し役
254 DF 小屋結世(正智深谷/3年/175センチ) ディフェンスリーダー
255 DF 實川俊輔(八千代/3年/173センチ) ディフェンスリーダー
256 DF 矢端虎聖(関東一/3年/172センチ) ディフェンスリーダー
257 DF アッパ勇輝(日大藤沢/3年/178センチ) 潰し役 U-17候補
258 DF 根岸優汰(東海大相模/3年/181センチ) エアバトラー
259 DF 三浦翔遼人(湘南工科大附/3年/174センチ) ディフェンスリーダー
260 DF 森優介(厚木北/3年/172センチ) ディフェンスリーダー
 
261 MF 村田楓太(明秀日立/3年/172センチ) 司令塔
262 MF ヒアゴンフランシス琉生(佐野日大/3年/170センチ) ドリブラー
263 MF 小池直矢(前橋育英/3年/180センチ) スピードスター U-17
264 MF 諏訪晃大(桐生一/3年/176センチ) チャンスメーカー
265 MF 中澤聡太(高崎経大附/3年/171センチ) ドリブラー
266 MF 篠田翼(昌平/3年/168センチ) ドリブラー U-16候補、U-17高校選抜
267 MF 佐藤海空斗(昌平/3年/174センチ) バランサー U-16候補
268 MF 和田力也(西武台/3年/169センチ) チャンスメーカー
269 MF 伊藤北斗(浦和南/3年/175センチ) チャンスメーカー
270 MF 河下楽(立教新座/2年/164センチ) チャンスメーカー

 

関東編|その他の注目選手リストPart.2はこちら!

 

【その他の注目選手Part.2】
※表記は左からNo. 、ポジション、名前(所属/学年/身長)、タイプ、実績

271 MF 八木下岬(市立浦和/3年/165センチ) チャンスメーカー
272 MF 太田隼剛(市立船橋/2年/165センチ) 司令塔
273 MF 田代暖眞(習志野/3年/167センチ) チャンスメーカー
274 MF 南徹汰(専大松戸/3年/177センチ) チャンスメーカー
275 MF 中村浩太(大成/3年/175センチ) チャンスメーカー
276 MF 松澤好輝(相洋/3年/163センチ) チャンスメーカー
277 MF 飯島大地(桐蔭学園/3年/178センチ) ダイナモ
278 MF 辻友翔(帝京三/2年/174センチ) 司令塔
279 MF 萩原悠翔(韮崎/3年/177センチ) 司令塔
280 MF 上野大徳(日本航空/2年/163センチ) ダイナモ
 
281 FW 新田篤人(水戸商/3年/175センチ) ドリブラー
282 FW 田上羅以伽(宇都宮短大附/3年/171センチ) チャンスメーカー
283 FW 田辺伊吹(真岡/3年/168センチ) ストライカー
284 FW 高足善(前橋育英/3年/160センチ) ストライカー U-17高校選抜候補
285 FW 松村迅(前橋商/2年/175センチ) ラインブレーカー
286 FW 小野関虎之介(健大高崎/3年/170センチ) チャンスメーカー
287 FW 柳澤優斗(浦和西/3年/169センチ) ドリブラー
288 FW 堀川大夢(流経大柏/3年/171センチ) チャンスメーカー U-16候補、U-17高校選抜
289 FW 古谷柊介(日体大柏/3年/174センチ) ドリブラー
290 FW 浅野哲(暁星国際/3年/170センチ) ドリブラー
291 FW 齊藤慈斗(帝京/3年/174センチ) ザ・ストライカー U-15候補
292 FW 高谷遼太(堀越/2年/178) ラインブレーカー
293 FW 塩貝健人(國學院久我山/3年/172センチ) ストライカー
294 FW 加茂隼(駒澤大高/3年/185センチ) ストライカー
295 FW 牧山翔汰(実践学園/3年/173センチ) ラインブレーカー
296 FW 田島慎之佑(修徳/2年/176センチ) ストライカー
297 FW ベイリージャスティン勇誠(桐光学園/3年/175センチ) ポストワーカー U-17高校選抜候補
298 FW 小笠原大河(横浜創英/3年/179センチ) ストライカー
299 FW 野田駿人(山梨学院/3年/177センチ) チャンスメーカー
300 FW 栃尾瞭太(山梨学院/3年/180センチ) ストライカー

 

取材・文●吉田太郎
構成●高校サッカーダイジェスト編集部

 

関連ニュース
インハイ女子の組み合わせが決まる 【令和4年度全国高校サッカーインターハイ(総体)女子】

6月25日、16校が出場する令和4年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(女子)の組み合わせが決まった。 大会は7月26日に徳島県内で開幕。夏・冬連覇の神村学園(鹿児島)は鹿島学園(茨城)と、前回大会準優勝の藤枝順心(静岡)は地元の鳴門渦潮(徳島)と初戦を戦う。なお、決勝は30日に徳島市球技場第1競技場で開催される。 ▽令和4年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(女子)令和4年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(女子) 1回戦 2022.07.26 09:15 神村学園-鹿島学園 2022.07.26 09:15 常盤木学園-日本航空 2022.07.26 09:15 徳島商-十文字 2022.07.26 09:15 東海大福岡-福井工大福井 2022.07.26 11:30 AICJ-道文教大附属 2022.07.26 11:30 大商学園-尚志 ...

高校サッカー
{by} koko-soccer
インターハイ(全国総体)サッカー競技男子歴代優勝校 【令和3年度全国高校総体(インターハイ)】

桐光学園高校、 インターハイ初優勝 【全国高校総体男子サッカー競技歴代優勝校】 1966年:藤枝東(静岡)1967年:浦和市立(埼玉)1968年:秋田商(秋田)1969年:浦和南(埼玉)1970年:浜名(静岡)1971年:藤枝東(静岡)1972年:清水東(静岡)1973年:児玉(埼玉)1974年:浜名(静岡)1975年:韮崎(山梨)1976年:帝京(東京)1977年:島原商(長崎)1978年:北陽(大阪)1979年:水戸商(茨城)1980年:清水東(静岡)1981年:清水東(静岡)1982年:帝京(東京)1983年:四日市中央工(三重)1984年:四日市中央工(三重)1985年:九州学院(熊本)1986年:国見(長崎)1987年:市立船橋(千葉)1988年:市立船橋(千葉)1989年:清水市立商(静岡)1990年:清水市立商(静岡)1991年:清水東(静岡)1992年:徳島市立(...

インターハイ
高校サッカー
全国高校総体
{by} koko-soccer
鹿島学園 鈴木雅人監督「出てきた課題を修正して、全国でもしっかり戦いたい」

6月25日、高円宮杯 JFA U−18サッカープリンスリーグ2022 関東1部第7節1日目が開催され、帝京(東京)と鹿島学園(茨城)が対戦した。試合は帝京が前半に5点を奪う猛攻を見せ5-0で勝利した。 死闘となった明秀日立とのインターハイ茨城予選決勝から中5日、猛暑と強い風が吹くコンディションの中でのゲームとなったが、鹿島学園の鈴木雅人監督は試合後「前半は0-5、後半は0-0。前半から“後半のように頑張ってくれたら”という思いもありますけれども、疲れもあったし、こういうこともあるので、逃げずに向き合って、しっかり修正してまた頑張っていきたい」とコメント。 ハーフタイムでの指示については「特別細かい指示は出さずに、自分たちで行かせた部分もあったんですけれども、メンタル的に少し受けてしまったところがあったと思うので、“受けに回らずにしっかり前から行こうよ”と送り出しました。なんとか少し...

鹿島学園
鈴木雅人監督
高円宮杯
{by} koko-soccer
「尊敬」するコーチの助言も力に。市立船橋左SB北川礁はプレーの幅広げ、コンスタントに活躍中

[6.26 高円宮杯プレミアリーグEAST第10節 市立船橋高 2-1 大宮U18 高円宮記念JFA夢フィールド Aピッチ] シーズン開幕時の登録はFW。市立船橋高(千葉)の北川礁(3年=東急SレイエスFC出身)は今季、この日も務めた左SBや3バックの左でプレー、インターハイ予選ではボランチとして優勝に貢献した。武器はその万能性と左足キックの精度。加えて、試合を重ねながら守備の感覚を掴み、レベルアップしている。 この日の前半は大宮U18の攻めどころとなっていたMF種田陽(2年)を味方との連係で封じ、ボールを運ぶドリブルや縦パスで攻撃の起点に。後半はポジション変更した種田とのマッチアップはなくなったが、集中力を切らさずに守り、個でボールを奪い取っていた。 市立船橋は球際、切り替え、運動量が三原則。「そこが全て。あとは個でどれだけ守れるか、どれだけ攻めれるか」と北川はいう。味方のサ...

高円宮杯
{by} web.gekisaka.jp
【JFAストライカーキャンプ】JFAストライカーキャンプ参加メンバー16人が発表

6月24日、日本サッカー協会(JFA)は7月1日から3日にかけて時之栖で行うJFAストライカーキャンプに参加するメンバー16人を発表した。 【スタッフ】 ▽コーチ城和憲(日本サッカー協会 JFAコーチ)手倉森浩(日本サッカー協会 JFAコーチ) ▽ゲストコーチ玉田圭司(V.ファーレン長崎)平山相太(筑波大学) ▽GKコーチ加藤好男(日本サッカー協会 JFAコーチ) ▽フィジカルコーチ村岡誠(日本サッカー協会 フィジカルフィットネスプロジェクト)中村大輔(日本サッカー協会 フィジカルフィットネスプロジェクト) 【選手】 ▽FP塩尻哲平(セレッソ大阪 西U-15)原櫻太(ファジアーノ岡山U-15)和久井博斗(ながいユナイテッドフットボールクラブ)原田蓮太郎(サガン鳥栖U-15)増村凌久(ロアッソ熊本ジュニアユース)伏原俐空(神村学園中)梶浦瑛太(レノファ山口FC U...

JFAストライカーキャンプ
JFA
{by} koko-soccer.com
厳しさといたわりで古豪を率いた名将・磯貝純一監督

全国高校サッカー選手権出場は、武南と同数の最多14度で、優勝回数も埼玉県勢として最も多い4度を数える。そんな古豪の浦和市立高(現・市立浦和)サッカー部を率いた磯貝純一先生が、昨年9月9日に亡くなった。83歳だった。 市立浦和高サッカー部は、1946年(昭和21年)に永田養三監督が立ち上げた。52年からは、東京大学の最強時代に活躍した鈴木駿一郎監督が指揮を執り、オープン攻撃(現在のサイドアタック)を採用。12年間指導し、全国高校選手権と国民体育大会を2度ずつ制し、全国に浦和市立の名を知らしめた。 日本代表では主将も務め、国際Aマッチ63試合に出場。日本リーグで260試合連続出場という大記録を達成した落合弘氏は、鈴木監督の薫陶を受けたひとりである。 三代目の磯貝監督は65年4月に着任し、99年3月まで長きにわたって名門校の指導に当たった。 就任2年目の66年度のチームは、初開催...

全国高校サッカー選手権
磯貝純一監督
{by} koko-soccer
クラブユース選手権U-18のグループリーグの組み合わせが決定 【第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会】

6月20日、各地区予選を勝ち抜いた32チームが出場する第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会のグループリーグの組み合わせが決定した。 同大会は7月24日にグループリーグが開幕し、8月3日に正田醤油スタジアム群馬で決勝が開催される。 ▽Aグループサガン鳥栖U-18名古屋グランパスU-18鹿島アントラーズユース湘南ベルマーレU-18 ▽Bグループ横浜FCユースセレッソ大阪U-18モンテディオ山形ユースアビスパ福岡U-18 ▽Cグループヴィッセル神戸U-18サンフレッチェ広島ユース東京ヴェルディユース浦和レッズユース ▽Dグループ大宮アルディージャU18京都サンガF.C.U-18アルビレックス新潟U-18レノファ山口FC U-18 ▽Eグループ川崎フロンターレU-18大分トリニータU-18ジェフユナイテッド千葉U-18ツエーゲン金沢U-18 ▽Fグルー...

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会
{by} koko-soccer
市立船橋が取り戻したプライドと安定感!”15度目の優勝”を弾みに3大会ぶり全国へ

市立船橋は令和4年度全国高校サッカーインターハイ(総体)千葉予選の決勝で日体大柏を下し、15度目の大会制覇。3大会ぶり29回目の全国出場を決めた。 激戦区の千葉を勝ち抜いたその戦いぶりは見事だった。 八千代とのラウンド16(2-1)では立ち上がりの劣勢をはね返すと、MF丸山侑吾(3年)とMF白土典汰(2年)のゴールで勝ち越し。中央学院との準々決勝(6-0)では前半の3得点で満足せず、後半に3点を追加して圧倒。2得点ずつのFW郡司璃来(2年)とFW渡邉慎和ムセマ(3年)に加え、FW青垣翔(3年)、MF森駿人(2年)が結果を残した。 習志野との準決勝(2-0)では相手に主導権を渡さないまま完封勝利。郡司と渡邉は2戦連続弾と決定力の高さを示した。 延長戦に及んだ日体大柏との決勝では、最後まで流れのなかから得点を許さなかった。相手の強力なアタッカー陣に対し、DF藤田大登(3年)、D...

令和4年度全国高校サッカーインターハイ
高校サッカー
市立船橋
{by} koko-soccer
羽中田監督「このチームはもっともっと強くなる」山梨学院が優勝した18年度大会以来のインターハイへ

[6.19 インターハイ山梨県予選決勝 山梨学院3-0駿台甲府 韮崎中央公園陸上] 令和4年度全国高校総体(インターハイ)「躍動の青い力 四国総体 2022」男子サッカー競技山梨県予選の決勝が19日に行われ、山梨学院高が駿台甲府高を3-0で退け、優勝した2018年度大会以来となる6度目のインターハイ本戦出場を決めた。 気温30度を超えるピーカンでキックオフしたかと思えば、後半が始まるころには一転して曇天模様。一気に雷雨へと変わり、後半5分から約15分間の中断を挟むなど、波乱を予感させた。しかし山梨学院は最後まで集中力を切らすことなく、完勝。今年度より新指揮官に就任した羽中田昌監督も「このチームはもっともっと強くなる」と秘める可能性に太鼓判を押した。 前半から山梨学院がボールを保持しながらゲームを進めたが、駿台甲府の組織的な守備を崩すことが出来ない。今季より取り組む4-3-3の両...

山梨学院
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
日韓定期戦に臨む全日本大学選抜メンバー発表!25日17時キックオフ

全日本大学サッカー連盟(JUFA)は17日、第19回大学日韓定期戦に出場する全日本大学選抜のメンバーを発表した。 全韓国大学選抜との定期戦は3年ぶりの開催。25日にレモンガススタジアム平塚で17時にキックオフする。 ▽GK1 飯田雅浩(国士舘大4年=青森山田高)12 近藤壱成(法政大4年=磐田U-18) ▽DF2 奥田勇斗(桃山学院大3年=G大阪ユース)3 岡哲平(明治大3年=FC東京U-18)4 相澤佑哉(駒澤大4年=熊本ユース)5 中野就斗(桐蔭横浜大4年=桐生一高/広島内定)13 三浦颯太(日本体育大4年=帝京高/甲府内定)16 速水修平(常葉大4年=磐田U-18)18 高木践(阪南大3年=阪南大高)19 関根大輝(拓殖大2年=静岡学園高) ▽MF6 オナイウ情滋(新潟医療福祉大4年=正智深谷高)7 泉柊椰(びわこ成蹊スポーツ大4年=神戸U-18/神戸内定)11 齊藤...

全日本大学選抜
JUFA
{by} web.gekisaka.jp